新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

サポーターを巡って考えたこと

元ネタをしっかり練り込んで書けていないので、どういう結末になるかわからないが、書いてみる。

 

クラブの人気についての話だ。

 

コアサポ、というものがある。どんなことがあっても、クラブに忠誠を誓い、ついてきてくれるファンのことだ。もちろん、口うるさい意見をいうことをいうこともあるが、クラブを愛し、クラブと行動を共にしてくれる。

 

僕はユベントスとか、レアル・マドリーがどちらかといえば好きなのだが、これらのトップクラブに対し、地方クラブでも熱狂的なファンを持つクラブがある。

 

同じ都市を根拠地に持つトリノがそうだといわれるし、マンチェスターにある二つのクラブ、ユナイテッドの勢いに対する、シティのサポーターの忠誠心というものも聞いたことがある。

 

なぜサポーターはいるのか、ということだ。バルサのソシオ制度などは有名だが、なぜみんなが応援するのだろうか、ということだ。なぜみんな必死に応援するのだろう、なぜみんなあんなに熱くなるのだろう、ということだ。

 

それは自己を投入しやすい「何か」をクラブが持っているからであり、自分との共感があるからではないだろうか。

 

だからクラブが強くなる過程では、人を巻き込んでいくことが不可欠だと思う。地域から支持されることが必要だと思う。地元の経済界、行政などと連携し、地域に何かの貢献ができることで、はじめてクラブは強くなるんじゃないかなと思う。

 

地域に愛されるって、何だろう?そう思う。それは地域のために、何らかの役に立っているということだと思う。だから目の前にいる、一人のサポーターをないがしろにしないことも、大切な事だと思うのだ。

 

Jリーグの村井チェアマン?の改革についてのコラムがスポーツナビに掲載されていたが、その中で、広報やイメージの話が出ていた。それは、広報や、ブランドイメージというものがJリーグの中で占める割合が、とても高いということではないかと思う。

 

愛媛の一平君や、金沢のゲンゾイヤー?などの露出、仙台のベガッタ君など、流してしまう人もいるかもしれないが、彼らの果たしている、意識を惹きつける、という役割はとても大切だと思う。

 

1993年にJリーグが発足した時、チケットは高騰し、プラチナチケット化した。その時の幻像をまだスポーツ界は追っているのならば、ちょっと違うのではないかと。Jリーグはすでに、チケット主体の経営から、ブランドイメージ、空中戦、IT戦略の中での戦いに軸足を移しつつあるように思う。

 

それらの情報を活かしたチームが、マスメディアや、地域を味方にし、情報を制したチームが、サポーターの応援を得ているのではないだろうか。熱いサポートを得ているのではないだろうか。

 

またJリーグ・数十クラブのマスメディア展開は、日本スポーツ界においてある種の未開地を開拓し始めているのではないかと思う。大きな勢力を、ゆっくりと築き始めているのではないか。サポーターを、広めているのではないか、情報の届く先に。

 

Jリーグは、トップランナーなのではないか。そして多くのビジネスチャンスがここには眠っているのではないかと思う。

 

そしてブランドイメージというのは、Jリーグと、サポーターがキャッチボールして作っていくものだと思う。一方的にチームが発信するだけではなく、発信した情報がどう受け取られたか、それにかぶせてまた次にどのような手をうっていくのか、サポーターとのやりとりが大事だと思う。

 

コール・アンド・レスポンス、という言葉を聞いたことがあるが、単純に一方通行のこれまでの情報発信をこえる、新しい発信の仕方が出てきているのだと思う。

 

中間にメディア人や、オピニオンリーダーをはさんで、ブログ、twitterなどの、草の根のサポーターが発信するメディアとその情報拡散力が、ブランドイメージが、チームのサポーター獲得に大きな力や影響を果たすようになっていると思う。

 

だから、チームの動向を左右できるような、メディア人や、SNS発信者を育てることだと思う。また情報の広がりを把握して、分析しておくことだと思う。

 

もちろん既存のマスメディアも大事だろう。だがJリーグは、これまでとは違った道を歩み始めているようにも思う。

 

サッカーとサポーターの関わり自体が、熱狂的で、日々にしみこんでいて、ちょっと、ワクワク、ドキドキするものなのかもしれない。だから日常的な情報を捜したくなる。

 

サッカーチームが株式会社の立場をとることがある。〔 株主、顧客、取締役会、執行機関 〕、それらの関係と、どのように情報を〔 サポーター(顧客)、スポンサー(株主)、取締役会(社長・GM)、執行機関(会社) 〕が創り出していくか、というところまで考えていたのだが、ネタが尽きたみたいだ。

 

ちなみに、GMについて広島県大学の研究者が書かれた論文を読んだ。とても興味深かった。また検索していただければ。

 

GMについても、何かの考えを引き出せることができれば…、いや、自分には無理かもしれない。

 

ともかく、最初の書き出しから論点はずれてしまったが、Jリーグのチケット収益からブランド化(情報企業)への転換の可能性、IT能力をもちいたマスメディアからSNS型メディアへの重心の移行、コール・アンド・レスポンスにより情報・イメージを創り上げること、などを論じて、ここに筆をおく。

 

読んでくださったのなら、ありがとう。何かの役に立ちますように。感謝します。