新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

もっと真ん中から攻めてみては

試合をしっかり見ていません。あと今年は、相手の感想を書くの、もうやめようかとも思っています。あまり効果的ではないので、自チームのことをよくみてみたい。

 

布部サンガには、今のところ『型』がないんですかね。いわゆる勝ちパターンですね。重廣がいたころはそれができかけていたのですが、彼が抜けてから悪い方へ行ってしまった。

 

中央なんじゃないですかね。去年の2タワーも、真ん中から攻めるという型だったのではないでしょうか。まず真ん中を衝いてゴールを狙って、それがだめだってから、サイドへ振る。一番得点の確率の高い、真ん中のプレー、練習していないんじゃないですか?布部さんのサッカーでは、中央エリアからの得点率、割と高いのに。

 

レンゾはポストプレーヤーではなく、フィニッシャーだと思います。フィニッシャーにボールをキープさせたり、プレスさせてできないわけではないですけれど、やはり役割が違う、少し比率を下げてやってはいかがでしょうか。

 

レンゾは左サイドのゴールポスト前の周辺から中央エリア付近で生きるプレーヤーとみました。特に左サイドから中央にかけてで1対1をさせ、そこへクロスを供給してやると強さを発揮するように見えます。その彼に最前線に張らせてボールをキープさせても1対2、1対3などの密集を作ってしまっていけない。ワントップには別の選手を並べ、後ろからレンゾは入っていかせるべきではないでしょうか。

 

岩崎は素晴らしい選手ですね。フィニッシュよりも、チームのために犠牲になれる選手で、献身的な働きが目立ちます。左右のサイドを苦にしないので、この選手は最前線、ワントップにおいてポイントを創らせ、そこへ全員で押し寄せて後ろから襲いかかれば得点は上がるのではないでしょうか。レンゾはワントップの岩崎の少し左斜め後ろに置き、ロングボールを周りを動き回る岩崎に供給する役もやらせては(やはりポストの役になるのでしょうか?)。

 

仙頭、小屋松にはカウンター適性があります。ワンマン速攻で独りで持ち上がって点を取れる可能性があります。だから速いタイミングで彼らに預けて前線の中央で勝負すれば点が取れるでしょう。

 

小屋松は右サイドに適性があり、右サイドからスプリントして中央へ入り込んでいったり、ひとりで裏抜けして右サイドで勝負した時に点に絡みます。右サイドの選手です。

 

逆に仙頭は左サイドからカットインする手段も持っており、よりプレーパターンが広い。中央から左サイドでも適性がある。小屋松を右、仙頭を左においてレンゾ、岩崎を支援させるのが面白いのではないでしょうか(空想ですが)。

 

セルヒオは非常に能力の高い選手です、攻撃的なポジションであればどこでもそつなくこなすでしょう。特にあげるのならば、左サイドからのカットインや構成力の方が高いかな。湯澤も能力の高い選手。左から右方向へ斜めに走ったりするとき、縦に突進しながらパスを出す技術が高く光ります。

 

これらから観測するに、隅へ行かずに、中央へ走らせて、そこから前線のスペースを衝かせた方が得点率が高いのではないかと思います。

 

この岩崎、仙頭、小屋松、セルヒオ、湯澤の5枚がいるのですから、サイドからのクロスではなく、縦への突進力、中央の突破力をいかに生かすかを考えてはいかがか。

 

自分ならボールがマイボールになったらパスだけではなくオープンスペースをドリブルで持ちあがらせて、低い位置から前方へと持ち上がりつつ進んでいき、中央を速い攻めで割るイメージをまず持つ。

 

中央を割ることができるのならば、相手は中央を守ろうとして真ん中に密集するので真ん中に集めた後でサイドへ展開する。特に京都のストロングサイドである右サイド、石櫃に集める。そしてそれを最先頭の岩崎にフォローさせる。そして右サイドからニアにその周辺を得意とする小屋松を飛び込ませ、ファーポストにはレンゾを配置し、かれのヘディングと右足を活かす。

 

左サイドに回せば仙頭などがそこからカットインなどの攻撃をかける。

 

本多は守備的な位置からパスに専念させ、あまり攻めあがらせず、仙頭、セルヒオ、湯澤などのカットイン→スルーパスから左右のFWを裏に走らせる。

 

現在の京都は、サイドからの攻め、という攻撃を公言しているうえに、そこからの柔軟性がない。オープンスペースがあっても持ち上がって前線まで運ばず、自分のポジションを守って横パスやバックパスをするので、ローテーションして前に持ち上がって攻め込むイメージをもっては。

 

もちろん、中盤の構成、中盤の守備をどうするかも大事だけど、カウンターや、縦に強い特性を持っている選手をたくさん抱えているのだから、わざわざ横へもっていってクロス上げなくても、前へ中央へ一旦もっていって、そこから奪われないようにサイドへ振る練習もしてみては。

 

今はサイドが第1だけど、中央を第1にして、サイドを第2にしては。

 

まああまり参考になりませんが、京都が強くなりますように。京都が勝ちますに。

 

がんばれ。ここまで読んでくださったのなら、ありがとう。感謝します。