新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

松本―岡山を見ての簡単な感想

岡山いいチームに仕上がっていますね。特に守備がかなり堅い。まだ1失点しかしていないんですか。この壁を破るには工夫が必要だと思いました。

 

しかし攻撃でも点を取っているわけですから、まず攻撃について書きます。攻撃で早い段階で点を取らせず、相手をじらせられれば、すこしは隙も見えるのではないかと思ったからです。

 

攻撃ではイ・ヨンジェが攻撃の核になっていましたね。イヨンジェ、赤嶺、伊藤の3トップという触れ込みですが、イがまず走ってポイントとなり、そのポイントめがけて全員が攻めあがってくるようです。

 

場合によっては赤嶺がポイントとなります。イ、赤嶺の周りは伊藤が走り回ってフォローし、中盤のゲームメーカーである14の上田とか、21とかにボールを配給している感じでした。

 

ああ、中央のポストに当てて、ミドルシュートを狙ってくるパターン(松本戦で見せたもの)もあるので要注意のようです。

 

イヨンジェは明らかに右利きの選手ですね。ひたすら右サイドに流れていく。ボールをカットするときもボディコンタクトして右足でこぼれ球をかっさらっていく。ポイントを作るのは中央から右のエリア、使う足は右足でターンなどもほとんど右足でするという特徴のはっきりした選手とみました。左の動きはあまりないのじゃないかな、まあ、観察していただければ。

 

逆に赤嶺は左足の比率の高い選手、右を使うことはあまりないようでした。

 

二人とも技術力があり、能力のある選手ですが、特徴はハッキリしていると感じました。

 

ゲームメーカーは14の上田ですかね。彼は左利き?ですか?セットプレーや、流れの中からもかなりアシストしているのではないでしょうか。14、7が2トップのフォローに動きながら、カウンター的なWBの攻撃参加を引き出しています。8は点を決めていますが基本アンカーポジションのようです。CBの動きのようなこともし、守備固めに貢献しています。

 

どの選手も利き足がはっきりしており、特徴的でした。やはり今年の岡山は守備のチームだと思います。

 

後半から入ってきた2人、斎藤、仲間は左サイドから右サイドへ斜めへ動く動きをしていました。その法則性は頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

 

守備についても感想を言います。

 

守備はかなり堅いですね。特に中央が堅い。

 

松本はDFの頭を超えて落ちるシュートで一点を取っていますが、どうも岡山が怪我で一人いなかったタイミングで点を取ったらしい。人数が減らないと点が取れない、難しいチームだと思います。

 

松本戦で見せた岡山のわずかなスキを探して、感想を書いておきます。役に立たない、単なる感想ですが。

 

まず、右サイドについて。

 

右サイドはポイントは作れるようです。中央から高崎ですか、松本の9番が流れ、47、岩上からのボールを受けてポイントを作っていました。まず右サイドにポイントを作ることまではできる、ということです。

 

しかしそこからなかなか中へと入っていけない。まずポイントを作り、そこから攻めようと松本はするのですが、岡山はコンタクトが激しく、なかなか中に入らせてくれない。

 

松本のFWも、中にいるのですが浮き球にはとことん岡山のDFが「頭」を出してくるのでなかなか拾えない。しかも前に、前にDFが入り、FWがボールを触るのを妨害してくる。

 

岡山はクロスに対しきれいにラインをつくり、その選手たちが、前に前に入ってくる。松本からいえば、常に前にDFを置いた状態でボールに触りに行かざるを得ない。だから触れない。岡山のDFはなかなか粘っこかったです。

 

ただ僅かに何回か、DFとGKの間にボールが流れることがありました。グラウンダーで1回、センタリングで1回ほどだったでしょうか。FWが今いる場所ではなく、DFの背後、GKの前でクロスとミートし、枠へ飛ばすことを考えてはどうかと思いました。

 

岡山のDFは高い選手が多いですが、それでもニアポストでスペースに入られ、フリックされたり、枠に飛ばされたらかなり苦しいだろうな、そういう印象を受けました。

 

またグラウンダーでも、攻撃の選手が相手DFとDFの間に入ったあと、GKの前のスペースを通っていくクロスに飛び出してミートするのは面白いと思いました。折り返して戻しのクロスにはかなり岡山はついて来るし、しかも対人に強いので、難しいかもしれません。

 

右にポイントを作ってから、松本はミドルシュートを狙う作戦でいっているようでした。確かに1点は取っているのですが、堅い壁にシュートをぶつけたり、枠をとらえきれなかったりでした。アーリーか、深い位置まで行ってからクロスをDFとGKの間、もしくはDFの前(ニア・ポジション)に入れてはと思いました。

 

その印象は左サイドの岡山の守備についても感じました。

 

33番は若いけどいい選手ですね。対人にこの選手もめっぽう強い。ただヘディングでクロスを弾き返す技術、グラウンダーのクロスをクリアする技術ではまだ自信がないのか、マンマークでは強いのですが、クロスを後ろの選手に任せる癖がある。したがって彼の周辺は、クロス守備が甘い。

 

左サイドのWB(21ですか?)も、あまりクロスに対する対応がよくなく、こちらのサイドはポイントを作るよりは、松本が一気にもっていってクロスを上げたり、中央までクロスのボールが届いていました。

 

ただ松本はこちらサイドのWBがあまり調子がよくなく、攻め込んでも効果的なクロスを上げられていなかった。こちらから切り替えして右足ででもいいからクロスを上げれば面白いだろうなと思ってみていました。こちらの松本のWBはアタックしてグラウンダーのボールを入れたり、クロスをあげたりをほとんどしていなかったので、ニアへボールを入れたり、DFとGKの間のスペースへボールを入れて、相手ÐFやGKのこぼれ球に飛び出させたらどうなるかとは思いました。

 

基本、岡山は中央のDFが強く、シュートも、ヘッドも跳ね返していきます。しかし右にポイントを作ってからのGKとDFの間、左サイドからのクロスに京都の活路はあるかもしれないと思いました。

 

岡山の右はポイントを作らせてくれるものの、クロスはなかなか上げさせてくれないのでポイント作ってからを考え、よく見て攻め、左は逆にクロス守備に難があるので、ニアでのフリック、ファーへ入れての折り返しを狙い、攻撃の選手はDFとDFの間にはいって、こぼれ球に詰めたり、スペースへ飛び出したいなぁ、と思ってみていました。

 

かなり堅い守備です。正面からのミドルに対してもかなり早く反応するし、固まって守ってカウンターを撃ってくる。必死のコンタクト、対人能力で守ってくるので、スペースを使ったり、フリック、こぼれ球への反応が勝敗を分けるかもしれません。

 

がんばってほしいものです。

 

いいことがありますように。しあわせが、あなたのもとに届きますように。京都が一つでも順位を上げますように。京都が勝ちますように。山ほどの幸せが、あなたにやってきますように。みんなが笑顔になりますように。

 

みんな成長しています。自分を信じて。あなたなら、きっとできる。力を結集しましょう。

 

ここまで読んでくださったのならありがとう。感謝します。