新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

新潟ー松本を見ての簡単な感想

 新潟はいい選手がいますね。ある程度両足を使える選手がスタメンに5人程度いますか。よくわからないけれど、さすが去年J1にいただけあるチームです。かなりの強敵だと思います。

 讃岐、松本と当たっていますが、1勝1分。どちらも堅守のチームですがしっかり得点を奪い、ゴールをもぎとっている。いろいろ隠しているところも多いでしょうが、今できる範囲、松本戦を見る限りの感想を少しのこしておきます。

 松本はしつこく左を攻めてましたね。実際に後半には3本ほど松本から見て左ポストにシュートが当たったでしょうか。前半も左サイドを一生懸命に攻めている様子が窺えて、こっち狙ってるのかなぁ、そう思いながら見ていました。

 ただ新潟の右SB、川口でしたっけ、24番、は、自重していてリトリートして待っている様子でした。攻めあがれば怖いのかもしれませんが、この試合ではあえて引いて守っている感じでした。

 一方で左SBの安田はガンガン上がっていましたね。そして、その上がった背後、松本の右サイドの崩しからの失点。僕ならば、左ではなく右を押し込んで、安田の守備能力と高木のカバー能力をもっと確かめてみる、重圧をかけて点を狙ってみると思いました。

 4のソンジュフン、5の富沢ですか、2人のCB、けっして連携が悪いわけではないのですが、時々4番が攻めあがったり、前へフォアリベロ的な動きを見せて後ろが絞る動きがあり、特徴的だな、とは思ってみていました。パターンがあるのかもしれません。

 新潟には、全員が一斉に前に動くプレスもあるのですが、それは松本にいなされているようでした。

 それにしても磯村という選手はいい選手ですね。攻撃にも、守りにも顔を出し、よくボールに絡んでいました。

 しかし、松本はここを狙っているようでした。ボールをカットされることが多く、孤軍奮闘というか、中盤でのカギを握る選手の一人だろうな、確かにここ崩せれば面白い、そう思いながら見ていました。

 新潟の失点シーンは、新潟の攻撃の中心になっていた高木、守備の中心であった磯村のところからボールを奪われ、その背後へ素早く展開されてのもの。左SBの安田はだいぶ張り出して守備をするので、左SBと左CBの間にはかなり大きなスペースができていました。そこの間の伸縮を狙えればチャンスは来るのではないかと思っています。

 右SBも張り出して、右SBと右CBの間に隙ができることがありましたので、中央と、SBの間、特にSBが引きずり出されるような感じの時はチャンスが来る点かと思いました。

 重ねて言いますが、ボールを持っている、高木、磯村からボールを奪い、それを背後のSBのあたりから中央へ持ち運んでいく、そういう攻め、ありかなぁ。左の安田の方が、どちらかというと守りが弱かったかな。そのへんは、まあ調べてください。

 アンカーの磯村はいい選手で、守備によく奔走しており、坂井、原も能力の高い選手だとは思いましたが、組織として新潟の中盤の底には、ほころびや、相手チームのチャンスが眠っていると思いました。磯村、狙えばボールロストがあるようです。

 まあ、どの選手にもミスはあるのですが、新潟のシステムの場合、アンカーにかかる役割が大きいので、ここを分析したら、そう思います。

 攻撃では小川や、ターレスという選手がまだ出ておらず、よくわかりません。右の10番、加藤ですか、が、やや精彩を欠いたので、左から攻め込む回数が多かったです。左の33番、高木と、3番、安田のところで押し込んでいっている感じでしたが、この二人の後ろのスペースの守りがチャンスということは、可能性あるな、と思いました。安田は長めの左右のキックを精確に蹴れ、高木も右足の巻いて蹴る形のボールはいいものがあるようです。この二人のクロスは要注意のようでした。

 ただターゲットは誰なんでしょうね。河田という選手は基本ドリブラー(右サイドにポジションをとることが多い)のようでしたので、矢野がクロスのターゲットになるのでしょうか。

 矢野はゴールを決めた右サイド、斜め45度の位置にほとんどいます。左から見て右サイドのファーポストか、右から見て右サイドのニアに構えて、さらにそこからファー(左方向)へ狙うパターンが主のようでした。ポイント(拠点)になるプレーとしては左右、前後にあちこちに位置を取り、ボールを引き出していましたが、今一番練習しているのは、ゴール前右サイド45度のヘッドなのではないでしょうか。

 矢野は通常は左サイドに位置を取っていますが、クロスを上げるタイミングでは右サイドの位置に入ってきます。たまに真ん中があるだけかな。左サイドでのヘッドは苦手なのかもしれません。もしくは右がリトリートするという戦術で、右からのクロスを想定していなかったことかもしれないですね。

 一方河田という選手は、右サイドに大体いるのですが、カウンターで中央にいる位置から斜めに左方向に走り、左斜め45度から速いタイミングでシュートを放つのが得意パターンのようでした。他のシュートは見ていません。ただ松本は守備が堅いですからね。いろいろ別パターンがある可能性はあります。

 利き足は右のようですが、アバウトに左も使えるようです。だから河田については、左方向へ斜め走り(ダイアゴナルラン?)を始めたら、ボランチのパスコースを切るか、河田の右への切り替えし、左のダイレクトに十分注意するように。

 一番新潟で危険なプレーですね。まあ、めったにこの形になりませんし、この形を創らせないように。讃岐戦で見せた得点パターンです。

 高木も、アバウトに左も使えるのを隠しているので、右よりは力が弱いものの、左足の展開、スルーパスには注意するように。

 高木は前線の核でしたね、松本戦では。右の加藤はあまり目立たなかったのですが、他の選手を使ってくるのでしょうか。ボールキープに長けた選手のようでした。

 坂井についてはいまいちわかりません。右利きですかね。ボランチはうちとは違って、原とか、端山とか、いろんな選手がいるようでした。

 ただ、ホニとかいうエースがいないようで、今のうちに当たれたのは、うちにとって幸運なのかもしれません。

 最後におさらいしておきます。

 攻撃では河田の左斜め45度のあたりへのダイアゴナルランに注意すること。矢野はあちこちでポストになるが、右から右サイドのニア、左から右のファーに注意すること。

 中盤では左サイド、安田、高木がよかったが、その背後にはチャンスがあること。ボランチの坂井、磯村なども、ボールロストがままあり、そこからの攻めを意識すること。

 守備は左が守りが弱いかもしれない、4番は前へ出てくる。これくらいですかね。

 まあ、あんまり参考にならない、素人のつぶやきです。

 

努力が報われますように。明るい未来が開けますように。あなたが幸せになりますように。歓喜に満ち溢れますように。京都が勝ちますように。

 

一つでも、二つでも、順位を上げましょう。

 

読んでくださったのならば、ありがとう。感謝します。