新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都サンガへの在籍・移籍のメリット

京都サンガの現状について、ネガティブな情報が出ている。石丸監督の交代であり、クラブを代表した選手たちの流出である。また新監督の手腕は未知数である。

では、これらをどう判断したらいいのだろう?本当に京都は落日の、沈みゆく船なのだろうか?

まず第1に、言い方は悪いが、京都から去年のように「逃げ出した」選手はまだいないということだ。去年はユース育ちの若手が大量に流出し、大きな戦力ダウンを強いられた。しかし、それでも京都は甦った。POに進出し、5位に食い込んだ。

田中マルクス闘莉王や、大黒の復帰が紙面をにぎわしている。これをどうとらえるべきか?また京都はベテランを取りに走っているのか?

重要なのは、闘莉王にせよ、大黒にせよ、これだけ選手を切っても、まだ京都にはメリットがある、京都には将来性がある、そう判断していることだ。将来性があるから、自分を売り込んでいるのだと思う。将来性のないチームに自分が行きたいと思うだろうか?獲得が本当かどうかは措く。しかし、彼らはどこかで情報を掴み、京都はおいしい、実力的にか、金銭的にか、名声的にか、ともかく自分が行くのにふさわしい、自分をとれ、そう売り込んできているわけである。これらの元日本代表級の選手が来たがっている、ベテランに評価されている、ということは名誉あることだと思う。

特に大黒はゴール感覚並みに嗅覚が鋭い。山形は昨年、膝をやる選手がいたのに残留した。大黒がいたから残留争いをした?違う、大黒は最後までチームに残った。京都の時のように。レンタルから、更にレンタルされることをしなかった。そして9ゴールを挙げ、山形は残留した。大黒は、「山形が残留すると思った」、「山形を残留させられると思った」、だから残ったのだ。京都の時も、山形へのレンタル移籍を1回は取りやめたのは、京都は残留する、俺が残留させる、そう判断したからだろう。彼は非常にクレバーで、知性にあふれた選手だ。そしてそのことを知ったから、評価が変わった可能性がある。

その選手が来たがっている、ということは、来年京都はいいところへ行くのではないか、大黒の移籍の話を聞いた後、そういう希望を僕は抱いたのだ。

京都の現状を見るに、DFライン、GKは鉄の守備陣といっていい。菅野に限らず、第2GKの清水もかなりいいGKだし、山田も控えている。CB陣は分厚く、優秀な選手が多い。惜しむらくは、左右のSBともに守備力はガチガチなのに、攻撃力に欠ける点があることだ。ただ石櫃が一年を通じて稼働できたり、内田や斎藤が成長すれば面白く、今のところは十分J2を勝ち上がっていくだろう。

FWはどうか?堀米、セルヒオが活躍すれば、アシスト役は十分だし、ヨンジェ、ダニロビは複数得点、年間二けたを挙げられる選手だ。岩崎も来るし、石田や永嶋のように面白い選手もたくさんいる。

このチームに不安を抱かせているのは、ボランチの所だけだ。佐藤が抜け、岩沼が抜け、國領が抜け、ボランチに入ることもあった山瀬も抜けた。442のうち、中央の2がかなり薄く、サイドの2もやや人材不足に感じる。MFが少ないのが、今のこのチームを貧弱に見せているのだ。

ただアンドレイのレンタルが延長され、吉野がレンタルなり、完全でやってくる目途が立てばどうだろう。もしくは攻撃で中心選手になれるパサーのボランチが複数枚数入ってくればどうだろう?

磐瀬、荻野の去就もまだ発表されていない。そのへん、まだフロントは隠している部分が多くある。

僕は、京都には将来性が十分あると思う。

そしてフロントはすでに、MFの補強を進めているのではないだろうか?目途が立っているから、掲示板の荒い書き込みを放置し、サポの動きや、選手の動きを観察しているのではないかと思う。

ともかく来年に期待している。

フロント陣、山中社長の英断に期待したい。