新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

気持ちで負けないように(京都—熊本、熊本メモ)

いや、ほとんど調べられてないので、いいかげんなことを。

FWでは清武、MFでは嶋田が目立ちますかね。キムテヨンも含め、この3人の動きに注意が必要か。

岐阜戦だけを見る限りでは、3つの攻撃パターンがあり、まず苦しい時は前線に蹴って、そのセカンドボール周辺に密集を作り、ボール回収を図ります。これが最も主な攻撃パターン。CBからボールをつけてくることもありますが、SBに回すか、SHからSBへ戻したボールを中央かサイドで起点になる選手にミドルフィード、ロングフィード、そこからプレスというか、集まっていく、という感じでした。

このチームはミドルシュートに精度があり、かなり遠い位置からも蹴ってくるので注意が必要かと思いました。例外は平繁で、エリア内でよく動きます。利き足は右?注意がいるかもしれません。

守備でもサイドへ、サイドへと追い込み、奪ってからすぐにサイドからフィードか、ボランチからFWへ入れてゲームメーク。

1.サイド、DFラインからフィードしてプレス、2.ボランチからのFWへのフィード、組み立て、3.カウンター、の3つが攻めのパターンかと思いますが、カウンターがなかなか厄介。基本的にセンターからのアタックで得点している確率が高いので、ポストやセカンドボール拾った選手をサイドへまず追い出して、バイタルへ入れない事。サイドからクロスを狙ってきたときはポストのマークを外さない事。

熊本の失点は中央に固まっているときに、両サイドからシュート性のボールを入れられた時に対応できなかった場合と、ファーポストを利用されて、折り返しや、ヘッド、シュートを入れられていることが多いかな?えぐっての攻撃に弱いのは全チーム共通でしょうか。

相手は強い気持ちで向ってくるので、こちらも気持ちで負けないこと。勝ちにいきましょう、ベストを尽くしてください。

そして、昇格しましょう。

にほんブログ村