新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

スライド(ポルトバイエルン 20142015CL、SF・1stleg)

この試合、激しいプレスのかけあいになりましたね。でも、バイエルン不利の笛が多く、見ていて申し訳ない気がしましたが、ポルトがその隙を逃さずに、3点取りきったのは見事でした。

システムは433と433のミラーゲーム。監督はカタランのグアルディオラとスペインのロペテギ、激しい戦いになりました。

正直、バイエルンの戦術はよくわかりませんでした。速いパス回し、ミドルパスはともかく、密集を作ったり、それを散開させたかと思うと、オーソドックスなSBのアタックがあったり、見れば見るほど、様々な仕掛けがあって、まるで選手が即興で攻めているように見えましたが、ディシプリンはおそらくあるんでしょうね。

ロッベンリベリーがいなかったので、得点力は落ちていたようでしたが、アウェーでゴールをもぎ取っていきました。

一方のポルトはわかりやすかったですね。バックラインにプレッシャーをかけて、開始10分で2点、うちPKになった得点は微妙な判定でしたが、ラッキだったといえば、ラッキーなんでしょうね。

前線の3人が連動して動いて、同時に開いたり、3枚壁になったうえで、さらに後ろの一人がパスコースを消してプレッシャーをかけるなど、ユニットでの動きが統率されていました。

433のフォーメーションでしたが、ウィングがスライドして3ボランチ?の横のスペースを消し、451になって相手の攻めを跳ね返したり、前線の3と後ろの1枚が前に出て激しいプレスをかけたり、相手の陣形や、スペースを見てスライドしていく動きがよくみられ、そうか、こうやって攻めていくのか、という感じでした。

ポルトの選手は気持ちが入っていて、激しく動いてました。

最初、バイエルンは戸惑っていたようですが、あとは深さをGK・ノイアーも加わって作って、振り回しにかかったようですが、なかなかついていなくてうまくいかなかったようでした。

気持ち勝ち、ですかね?

さて京都ですが、実は試合を見ていないので、また見てみたいと思います。でも、リーグ戦に限っては、守りはよくなっているので、そろそろ勝ちを拾ってもいいんではないかと思っています。天皇杯が間にあり、いいテストになるので、どのように動きにアクセントがつけられるのか見てみたいとは思っています。

ともかく、頑張ってほしいものです。

ここまで読んでくださってありがとうございました。感謝します。

にほんブログ村