新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

気ままに湘南スタイル考

今年湘南が走っていますけれど、どこが強いのか、少し調べてみました。これを基に、多くのチームがこのチームの戦術で強くなってくれれば幸いです。

分析したのは、対讃岐戦でした。目立ったのはプレスですね。特に讃岐のバックラインへの速いプレスは印象的でした。また湘南のバックラインが高い。ドリブルで足の速い選手に裏を取られたらどうするんだろうと思って見ていましたが、結局、讃岐攻撃陣のスタート位置が低かったので事なきを得たようでした。

プレスで縦のラインを切り、相手を低い位置に押し込んで敵陣でポゼッションする。引いた相手を崩すには、理想的なサッカーだと思います。

プレスはDFの縦のラインを切り、相手のパスの受け手をしぼらせてその相手からパスカットする。ともかく前へ進ませない、相手陣内でサッカーをする、というのがポリシーのようです。このプレスを外されて、カウンターを受けるとか、相手がハイラインを取ってきて、オフサイドトラップにひっかけられたり、高い位置の取り合いをする、ということは想定していないと思います。

右と、左のサイドなら、左は一発のクロスを持っている三竿という選手がいるようですが、右利きが多いので、右から組み立てるのが基本。右で組み立てて、左のファーへ振って、折り返しや、ポストへ入ったボールをシュートというのが大きな得点パターン。右利きが多いので、攻撃のスタートポジションである右サイドのリズムを崩すとどうなるのかは疑問ですが、ここに圧力かけて、背後へ出るという仕掛けをやったチームはあるのでしょうか?

陣形は讃岐が541という極端な守備シフトを取ってきていたので、両WBが張り出して、235と5トップのような押し込んだ陣形をとっていましたが、3トップと、3ボランチの連携が重要、対戦相手にとっては、ここでもドリブルしながら『縦』へ入れてくるパス、ポストを守るのが重要だと思います。湘南は縦への速い攻めを意識していて、バレーボールの、セッターがあげたボールを、スパイカーが連続攻撃やフェイントで幻惑してスパイクしていくように、パチンコのように短いつなぎを混ぜて、前へ進めていくのが印象的でした。スパイカーに対して、ゾーンのほうが、相手は有効なのですかね?

ボランチは前へ、前へと出てくるので、この背後に隙ができそうでしたが、何せハーフラインを超えてラインを押し込んでくるので、ドン引きすると苦しいでしょうし、対戦相手には難しいチームだと思いました。

やり方が、普通のチームとは違う、ドン引きの中に、3枚FWを置いて、そこに3ボランチ、WBからボールをトスアップするようにボールを放り込んで、こぼれ球をたたき込むという感じ。発想が違うんでしょうね。特に一旦ファーへ振っておいて、折り返しをシュートというのは有効なパターンですが、バレーのトスを決めるイメージだったりして。真ん中を固めて、真ん中のカットから、前線の薄い部分に入れて短距離でゴールへ迫る、というのは湘南対策としてどうでしょうか?

手品を見せられているようなサッカーですが、高いライン、湘南の前線が相手DFラインの縦パスを無力化するプレス、押し込んでポゼッションし真ん中へ集中攻撃をかける、というのがメインのコンセプトのようです。3ボランチは、プレスに縦にすごい勢いで飛び出していきます。

ただ、真ん中をあれだけ薄くして、相手がサイドへ逃げるパスを出さずに、真ん中をドリブルで最短距離突破するようにしたらどうなるのか、バックラインへのプレスを超えて、対角へのパスからゴールへ迫られたら、とか、今後、現れる相手とのいろいろな対戦が面白そうです。

J2優勝は時間の問題でしょうが、どこまで走るか、どこで止まるか、興味深く見たいと思います。

rona9229