新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都サンガ・3トップ試してみたら?

富山戦あまりに腹が立ったので、おもいのまま、個人的な感想で、現在の京都の現状、弱点ぶちまけることにしました。問題は得点力不足に尽きると思います。

G大阪、神戸の久々の顔合わせだったから、3点、4点の大量得点。比較的京都を知らなかった福岡戦で2得点、1点がほしかった東京、富山戦では研究し尽くされて無得点と、京都を知っているチームほど無得点に抑えられている。このまま、研究されているチームと当たれば、負けが込むのは目に見えている。

得点パターンは一つ、サイドからのクロスをFWに入れるパターン。サイドへスルーパスを出してそれを折り返して中のFWが決めるこれが半分。G大阪の山瀬の得点、神戸戦の原の2G、宮吉のゴールもそう、福岡戦の三平の得点もそれに近い。セットプレーから2点で合計7点、後は個人技(G大阪戦 久保、福岡戦 駒井の得点)。僕ならまずサイドへのスルーパスのケアをして中央のFWもしっかり押さえてという感じかな。パスは工藤からしか出てこない。だからここを抑えればサイドへ流れて(持ち上がって)シュートか、ミドルしかない。シュートは撃てるが、怖いシュートはない、ということになります。

1点でいい、まず先行できれば、守備陣は気持ちが入れる。神戸戦勝てたのもバキがセットプレーから1点取って先行したから。しかし点を取れないと守備が持たなくなる。2節では引き分けられたけれど、信じられなかったら富山戦のようになる。

攻撃では右サイドで組み立ててクローズするものだから左がガラガラ、スペースができる。富山戦僕が安間監督なら左サイドに速攻繰り出して、徹底して衝いて、折り返しを中央で決めさせますが、どうだったのでしょうか?(ビデオは今日見る予定)戦術の欠陥を埋められてない。知っているチームは知っているでしょうね・・・。

勝てるチームには確実に1点をとれる、そしてその差を守り抜く手段がある。外国人選手、エース、点を取る手段。去年の甲府だったらダヴィ、湘南だったら、17試合で7点取ったキリノなど。

過去京都が優勝して昇格した年は、2001だったら黒部がいて上野、安がいたし、2005だったらパウリ—ニョ、アレモンがいた。攻撃に爆発力があり、守備に堅いブロックがある年に優勝はしている。

今年は守備はいい。平均1試合1失点しているが、これは得点に爆発力が欠けているから守備に大きな負担がかかっているのと、左の穴(福村ではなく戦術の問題)があるからであって、健闘していると思う。だが問題は、前線の爆発力だ。

この得点力不足に手が入ってない、このままだと昇格できん、という問題を、さて思いのままをここまでぶちまけさせてもらったついでに、きままに書いておこう。

現在の京都の攻撃をけん引するのは誰?という問いには、工藤、と答えるのが一つの答えだと思う。攻撃を組み立てているのは工藤だろう、じゃ、それを決めるのは?僕は複数エース(宮吉、久保、原、サヌ)、という提案をしてはいたが、今のままでは苦しいと思う。では、誰を軸とするか?一つの夢として考えられるのは、昨シーズン成功した、駒井のワントップが打開策になるのではないかと思う。ただのワントップではない、駒井ワントップの後ろに、2シャドーを付ける形だ。つまり、3トップといってもいいのかな?

理由は、まず駒井の得点力。彼は密集の中でも、得点できる才能を持っている。昨シーズン後半では27節から42節までの15試合で6得点。得点率は高く、ボールを集めてみると、更に得点をできる可能性が高いこと。現状ではポジションがゴールから遠い場所にいるので、得点に絡めていないため、ウィングか、トップに彼を持ってくることが、得点力不足の解決にいいアイディアだと思う。またドリブルがうまいため、ポストとしてオフサイドにかかりにくく、キープでき、攻撃のスイッチになりやすいこと、マークが集中し、両脇のシャドーのマークがずれること、などなどです。バックアッパーには未知数だが、中村祐哉を押したい。未知数だが、彼も得点力があるらしいし、久保と組ませると、面白そうだから。山瀬はワントップには向かんかな。

で、現状でイメージしてみると(画像の使い方がわからん)

・・・・・・・・・・駒井・・・・・・・・

・・・・宮吉(原)・・三平(久保)・・

・・・・・・・・・・工藤(山瀬)・・・・・

・・・・・秋本・・・・横谷(中山)・・

・・福村・・バキ・・・染谷・・安藤・・

・・・・・・・・・・・オ・・・・・・・・・

もしくは

・・・・・・・・・・駒井・・・・・・・・

・・・・宮吉(原)・・三平(久保)・・

・・・・工藤(山瀬)・横谷(中山)・・・

・・・・・・・・・・秋本・・・・・・・・・

・・福村・・バキ・・・染谷・・安藤・・

・・・・・・・・・・・オ・・・・・・・・・

ってな感じになるんですかね。駒井がキープして、他の二人が飛び出していく。またサイドに流れてクロスも上げる。他は大体一緒なんじゃないかな。

バルサの0トップに似ているとも思うのですが、如何?今年のサンガは前線からかなりプレスをかけているので、相手4バック、3バックに3トップぶつけると面白いと思うのですが。相手に押し込まれた場合にはFWも下がって守備をする。京都は3バック苦手ですけど、3バック対3トップなら面白い勝負になると思うのですが。

ふう、眠れんで書いてみたがかえってストレス溜まってしまった・・。はよ寝よ。

(敬称略)

押していただくと励みになります→