新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

G大阪‐京都雑感

いい試合でしたね。真っ向勝負、という感じでした。リアルタイムで、スタジアムで見れたら、もっと興奮していたのかもなぁ。残念ながら、スカパーでの一日置いてのテレビ観戦でした。以下かなり上から目線の雑感を書きます。

試合については、去年の良かった試合と同じような内容にみえましたが、スピードや判断の速さがG大阪相手では違ったんでしょうね、たくさんの称賛を聞いて、ようやく京都のスタイルが認知されるようになったか、と感無量でした。

ヨーロッパのユーベの試合などを見ているとパスが中心に攻めが行われますが、京都の攻めは確かにパスが回るけれど、それとともに人も動いていく、攻めも守りも走るサッカーかな、という印象を持ちました。

攻めで目立っていたのはやはり山瀬、素晴らしい出来でした。バスケやテニスで「一歩目が速い」という表現を使うことがありますが、走り出してからトップスピードに乗るまでが速い速い。クロスの精度も抜群でピンポイントで入れてくるし、チームの軸として、影響力の強い選手が入ってきたな、と感じました。

期待していた宮吉、久保についてはよかったと思います。

宮吉のゴールについては、人の足蹴りながらシュート決めれるということはないと思うので、審判が正しかったのではないかと。ただその後のヘディングを決めてほしかった。でもチャンスは作ってました。動きもよかったです。

久保は点決められてよかったですね、2点目の起点になった安藤へのサイドへの展開もアクセントになってよかったのでは。3点目のボールの引き出し方もうまい。

中村のアシストもよかったと思います。素晴らしいパスでした。でも彼はまだフィットしていなかったらしいので(本人談)、確かにまだまだやれる感じがしました。サイドネットにかかったシュートは惜しかった。ただ久保、中村とも、スタミナ、守備への貢献の面でまだ足りないとみられているのかな?その辺は課題だと思います。今年は絶対にスタメンを中三日などではローテーションしてほしいと(勝手に)思っていますので、スタメンがきたときに、チャンスをつかんでほしい。

駒井、三平については、PSMで調子が良かっただけに、マークがきついだろうな、と思っていました。駒井は左サイドに張り付いていて、明神がいて、なおかつ対面に丹羽という頑丈なCBがいたので難しかったかもしれない。何回か単騎で押し込んでいたので、今後の突破力・自由な攻めに期待したいです。三平は一回惜しいチャンスがありました。クロスに強いという前評判なので、その辺を期待。またみてみたい選手です。

守備は秋本、工藤とも、守備に走り回ってました。よく効いていたと思います。(工藤は組み立てもよかった)少ないチャンスを得点に結び付けられたのは残念。バキ、染谷、安藤、福村の4人はよく守っていましたが、やはりJ1トップの得点力は並ではなかった。レアンドロは右足、パウリ—ニョは左足に頼る傾向があるのですが、傾向であって逆足を使えないわけではなく、阿部も両足を使えたようですね、抑えるのが難しかった。でもよく粘っこく守っていたと思います。PKは審判の目がついていかなかったともいえますが、妥当なところだったと思います。

最後にG大阪の感想を、と思ったのですが、余計なことを言って強くしてしまっては元も子もないのでたくさん感想を書くのは控えます。攻撃はいいが、守備はよくない、リトリートして前線の個人技に任せる。スペースを衝いてくる。対戦相手は前線のプレスはないから、引いてブロックを作るのが有効かも。京都のようなプレスは、どのチームでもはできないかも。左サイドには穴があるかな。それくらいでしょうか。またベテランが多く、若手が出てきていないのも問題になるでしょうね。選手のサラリーがえらい高いのも気になる。ま、いいチームで、優勝に絡んでくる、第一候補とは思いますが。

京都は一戦一戦積み上げていくだけです。まだ始まったばかり、難しい相手が続きますが、伸びしろがかなりあるチームなので、どんどん伸びていってほしい。期待しています。

(敬称略)

押していただくと励みになります→