新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都サンガ・魅惑のFW陣紹介(宮吉は爆発するか)

昨年の京都は、中村充、宮吉を中心に、前半は決定力、技術力の高い原の得点、後半は古都メッシこと天才ドリブラー・駒井の得点で勝ち点を伸ばした。今年は中村充が抜けたが、中心となって得点に絡んでいた中村充の代わりに山瀬(マルチな才能があるとは聞いている)、得点数では中村充と同じ三平(ボールへの反応の速い選手ではないかと思っているのだが、まだたくさん見ていないのでわからない)を補強し、ドリブルのテクニックと爆発力を期待できると噂の中村祐哉も加わって、わくわくする攻撃陣が出来上がった。昨年は目立たなかったが、まだまだ期待の若手久保裕也もいるし、ブルキナファソ代表のサヌも潜在能力はピカ一でフィットすれば驚異の力を見せるはずである。今年は総得点を増やせるのではないだろうか。

昨年の京都の攻撃は、前半はFWを中心とし、後半はトップ下の中村充を中心として動いていた。前半戦は速い攻めからスペースへ抜けるカウンターのパターンがままあったが、後半戦は腰を据えてパンチを撃ちつづけるようなポゼッションのパターンが多かった。今年は、両方のパターンを使い分けられるように、ショートのパスをつなぐパターンと、ロングボールをつなぐパターンと両方を使えるようになればいうことがないと思っている。大木監督の采配に期待したい。

昨シーズンの後半は駒井が1トップに入り、0トップのようなパターンもあった。今年も同じ布陣を試すのかもしれないが、FW陣には奮起を期待したい。とにかく走れる選手がそろっているので、動き回って、日本人に適した走るサッカー(ムービング・フットボール)、見せてもらいたい。

誰にでも伸びしろはあるし、特に出場機会によって、得点は変化するので、ローテーションや、相手に合わせた起用をお願いしたい。前半だけで6点取っている原、後半だけで6点取った駒井についてなど、全シーズンとおしてどれだけとれるか、チャンスをつかめるか、期待している。

久保については、先に書いたのでもう重ねて書かないが、生え抜きとして宮吉にも期待している。2010年はJ1で3得点、2011年はJ2で7得点、2012年はJ2で11得点と徐々に記録を伸ばしている。2011年末の天皇杯では素晴らしい活躍を見せたが、2012年の後半は壁に当たったようだったので、奮起を期待している。

宮吉の素晴らしさは、裏へ抜ける技術、パスのトラップの高さ、そしてダイレクトに合わせる能力にあると思う。ヘディングもうまい。シュートはパンチ力があり、スウィングも速い。

ただし、今のところ、彼はスペースがたくさんある方が生きる選手だ。彼をエースストライカーとして前線に張らせ、高いラインを相手にしてカウンターを仕掛けると、無類の強さを発揮する。しかしラインを引かれ、ブロックを作られ、スペースを消されたときにどうプレーするか、イメージができていないように思える。このスペースを消された時にどうするか、この壁を乗り越えれば、得点を量産できると思う。

もちろんカウンターで点を取ればいい。裏との駆け引きをすればいい。しかしそれプラスエリア内でのプレーを磨けば、もっと輝くということだ。相手DFの隙を狙う技術を高め、相手のこぼれ球に詰めるなどの方法もありだと思う。まず相手DFが数人いる中で、いかに正確にプレーできるか、いかに相手DFの隙を見つけスペースを作り出すか、考えてほしいと思う。能力が高く、できると思うから、問題提起しておきたい。

今年は数多くの能力の高いFWがいて、魅惑的なサッカーを見せてもらえると思っている。誰が出てきても、その時点で応援したり、いろいろ書きたいと思っている。楽しませてもらえることを期待している。

(敬称略・難しいことを簡単にやってのける選手たちを尊敬しています)

押していただけると励みになります

コメントいただけるともっと嬉しいです→