新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

2012・J2振り返り(上位6チームのみ・見にくいなぁ)

フットボールラボ?などでもうされているかもしれませんが、2012年のJ2の簡単な振り返りをしてみました。数学は苦手なので、計算は間違っているかもしれません。間違っていてもご容赦を。

ちなみに勝敗は、勝ち、引き分け、敗けの順、得失点は得点、失点の順、リーグの日程を前半戦、後半戦、4つのクルで分けたうえで数値を見てみました。わかりにくかったらごめんなさい。

まず、首位甲府について。甲府は後半戦抜け出しましたが、それを数値がよく表していると思います。前半の負けを後半は勝ちに変えていますが、22節から31節までの守備の健闘、32節から42節までの攻撃の爆発と、チームのスタイルが自在に変化している点も面白かったです。

湘南はスタートダッシュが素晴らしかった。しかしそのあとは調子を落としていたようです。特に春先から夏場にかけてがひどい?来シーズンJ1にステップアップするわけですが、どこまで通用するか、楽しみです。

わが京都はあくまでマイペースぶりを発揮したようです。6連勝とか、4連敗などもあったのですが、数値化すると、あくまでも平均的。あえていうならば、引き分けの数、負けの数が響いているので、勝負所で負けない事が、来シーズン重要かも。

横浜FCは出だし最悪なのによくぞここまで立て直した。コンスタントに成績を残しているので、来シーズンは要注目。中心選手も残ったようですし、J1昇格するか?

千葉は前半戦が素晴らしい。11節から21節にかけての伸びはすばらしかったようです。しかしなぜか前半戦終了時に敢えて補強。勝ってるチームに手を入れたことで、ペースが崩れたのでは?今となっては想像するだけですが。

大分は前半よかったものの、後半振るわなかったようですが、勢いでいってしまいましたね。チームの収益面からは、絶対に必要だったのでしょうが。

東京V、山形なども加えた分析をすればもっと面白いのですが、手が届きませんでした。上位6チームのみにとどめておきます。

京都は、負けの数を少しでもへらさなあかんなぁ・・・。

ブログランキングに参加しています→