新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

どうぞご自由にお使いください

いや、この前の町田戦、最初ゾーンを使ってみたみたいですね。ただそれがうまく機能しなかった。だから監督の判断だったんですかね、前半20分くらいからゾーンからかなり流動的にマークの受け渡しをする昨季のシステムに変えたようです。

 

前半終了間際の1失点が余計でしたね。立ち上がりの1失点も、ゾーンでの失点だけに悔やまれる。よくよく調べてみれば、惜しい試合だったかもしれません。それほど出来が悪かったわけではない。

 

前半は0-2でビハインドを背負ってしまいましたが、後半は0-0のイーブン、考え方によっては、仙頭、望月の2ボランチは、流れからの失点はしていませんし、いい守備やパスも所々にあり、必ずしも悪くはなかったと思います。むしろ良かった、今後の希望になるかもしれません。

 

4バックの強さもよかった。連携がよく、本多の粘り強さや、闘莉王の判断、指揮もよかったと思います。

 

清水は何回かいいセーブで盛り上げていました。彼にしては2失点は多い失点ですが、まあ、開幕戦としては仕方がなかったのかもしれません。GKコーチが優秀なので、他の選手も調子を上げてくると思います。

 

問題は攻撃かなと思いました。特に湯澤のところはうまく機能していない感じで、今後の課題になるのではないかと思いました。

 

両翼の岩崎、小屋松はよくボールに絡み、ボールを引き出したり、相手からボールを奪ったりしてよい動きをしていましたが、あれだけ中を固められると苦しいかもしれない。

 

ただ大野やロペスをめがけてけるだけでなく、小屋松や岩崎の周囲にボールを入れて、彼らの奪取力や、ボールの引き出し方にかけてみるのも一つの手かなとは思いました。

 

大野はつぶれ役として自分の使命を果たしましたが、本人としては不完全燃焼の感じがのこったのではないでしょうか。

 

ロペスは時々光るものが見られました。

 

それ以上は見られていません。

 

さてゾーンや、ボールのつなぎについて少し。

 

ゾーンディフェンスは欧州では、特に欧州のトップレベルではスタンダードだと思います。ただそこからの攻め上がりが速かったりするし、伸縮する。まあ攻め上がりについて、パスのつなぎについていくつか考えは書きましたが、他のシステムをいじることでも変化をつけれないかということを少し考えました。

 

まず、現状では、4バックのゾーンで守ろうとすると、ちょっと広すぎると感じました。4バックの中央へ絞る動きが少なく、また整備されきっていない関係で、最終ラインを4人で守るとザルになってしまい、相手を受けきれない。

 

町田は最終ラインの前に4枚程度のブロックを敷いてパスをひっかけに来ていたので、前半途中までは相手ブロックにひっかけてはバックラインが圧力を受け、ボランチもブロックの中に埋没するし、前線とバックラインがリンクできず、前線が無力化されていました。

 

こういう場合は、オプションとして、1列ずつ、下げるという方法もあったのでは?つまり3バックに切り替える、ということです。

 

本多はCB的な動きができる非常に能力の高い選手ですが、湯澤が一列下がって左WBのポジションに入り、左サイドを埋めて最終ラインを広い5バック(中央は3バック)として構成し、相手を引きつけたうえで、前線のウィングの岩崎、小屋松を走らせたら面白かったのではないでしょうか。そして大野は囮やポストとなってボールを引き出してから彼らのあとから前線へ走り込みゴールを叩きこむ、湯澤は左でゲームメークする。

 

本多があがれば湯澤が下がり4バック的に守り、湯澤があがれば本多が3バックを組む。これは2002年の京都でWBの中村忠がバックラインに入った、エンゲルスがよく見せたシステムです。

 

よくよく思い出してみれば、パク、松井のところを岩崎、小屋松、中央黒部が大野、湯澤のところ、ゲームメーカーとして使われたのは『帝王』熱田、もしくは冨田(二人とも右サイドでやっていたんじゃないかな)、反対サイド(左サイド)では中村忠が石櫃の様にバランスをとってました。(うーん、巧く書けない)

 

5バック的に守備陣を組み、前線へ速い攻めを見せる。パク、松井の推進力が凄かったですけど、岩崎、小屋松にも同じことができないかと思っています。

 

ま、これはお遊びで言ったことですが、3バックにして、相手のブロックの圧力を分散し、前に引きずり出したうえで、背後に全員でカウンターをイメージする、というのは一つの方法です。ただこれはお遊びですし、監督にとって4バックがやはりオーソドックスなんでしょうね。

 

開幕戦のメンバーで、昨年在籍していなかったのは、湯澤ただ一人。湯澤は技術のあるいい選手とみましたが、現時点で、ここにはめるピースや役割を探すのが、京都の躍進の鍵になるのではないかと思いました。

 

4-1-4-1にして、宮城をアンカー、もしくは3バックの中央にするとか、またカセラス?をボランチにはめ込んで仙頭を一列前に上げ、4-2-3ー1にするとか、いろんな方法、いろんなオプションが考えられると思います。個人的にはカセラス、ロペスを一度一緒にみてみたい。

 

まあ、このこともお遊びですか。まあ、監督のご自由に、ご配慮ください。すべてたわごと、たわごと。

 

あなたが幸せになりますように。みんながしあわせに、笑顔になりますように。そしてみんなを笑顔にする力を、成功する力を京都サンガはもっていると思います。

 

ここまでつまらない文章を読んでくださってありがとう。あなたも笑顔になりますように。感謝します。