新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都サンガへ・ウルトラへの感謝

今年ももう少しでシーズンが終わりますね。ずっと休んどいてなんや、といわれそうですが、僕のようなライトファンにも感慨はあるのです。

 

今日、たまたまほかのブログを見ていたら、2001年から記録を残されている方がおられてびっくり、すごいですね、筋金入りのウルトラではないですか。自分は2013年から途切れ途切れにしか書いていないので、とてもかなわないと思いました。脱帽です。

 

それにしても京都サンガは素晴らしいサポーターに恵まれていると思います。クルヴァに選手が来るという習慣はいつから始まったのか知りませんが、ヨーロッパとか南米でもある習慣なんですかね?信頼関係が無いと、このようなことはなかなかできないものだと思いました。

 

週末に試合があるよろこび、そういうものを共有できる、それは素晴らしいことだし、コールリードをしてくださって、先頭に立ってくださっている方々をはじめ、平日にも遠くまで遠征に行ってくださる方々には頭が下がります。

 

でもだからこそ今年のサンガの内容は納得のいかないものだったのかもしれないし、監督や社長出てきてほしいという要望だったのかもしれません。

 

重ねて言いますが自分はライトなファンで、ウルトラでも関係者でもジャーナリストでもない。素人を名のってますが、まあ、かなり勝手なことを書かせていただいています。それもみなさん、ウルトラや関係者、選手のみんなあっての気まぐれな行動であって、毎試合、毎試合闘っている選手やウルトラの方々には敬意を覚えます。

 

自分は布部監督を支持するようなことをずっと書いてきたので、腹が立つようなことも書かせていただいたかもしれません。しかし、ウルトラの働きは素晴らしかった、みんなの情熱が今シーズンをも彩ったと、勝手に、えらそうにながら、感謝させていただきたいと思います。

 

京都サンガに関わるみんなの思いが結実し、来年は昇格につながるよう、残り2試合、期待しています。

 

みんなに、あなたに、山ほどの幸せが訪れますように。

 

このような方々と関われた自分は幸せだったし、ここまで読んでくださったのならば感謝します。

あなたの生活が満ち足りたものであり、京都サンガが、そして京都一円が栄えますように。願っています。

 

ありがとう。