新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

最後まで集中しよう、全力を尽そう(京都横浜FC、横浜FCメモ)

仕事から仕事なので、用意していたものを、いつもどおり、簡単に。

この横浜FCというチームの今の中心は、小野瀬(今季・3得点)、という選手だと思います。この選手が軸になって試合をするようになり、上昇し始めた。出場停止になった群馬戦は惨敗を喫しています。

プレースタイルはファーストタッチを右足でし、縦に速い選手。縦にポイントを作って、そこにイバ(今季・3得点)という選手が絡んでくるので、まず小野瀬とイバの連携を崩したい。

イバという選手の得点は、FK、PK、こぼれ球を蹴り込んだものではあるものの、アシストが3つついており、平面での動きが得意。平面で戦うときは、小野瀬、イバにまず注意でしょう。後方から野村(今季・2得点)という選手が飛び込んでくることもありますが、まずポイントを作ってからです。

小野瀬は右では縦を衝いて横へパス、左では縦を衝いて切り返してシュート、ともかく縦に強い印象でした。

横浜FCの攻撃は、左のパスカット(つまり相手陣・右サイドへのプレスからのパスカット)から攻め込んで、右足のクロスやシュートのパターンでの得点が多く(小野瀬、野村、ボランチの寺田、佐藤とも右利きと思われる)、右と左ならやや左サイドからの攻撃に注意が必要かもしれません。

これにオプションとして、津田(今季・3得点)、大久保(今季・4得点)の攻めがついてくる。

津田は左右両足の使える器用な選手(基本右利きか?)ですが、寺田のパスから縦抜けして、フリーでのシュートが得点パターン、それ以外、ややプレッシャーのかかった状態、マークがついてではややプレーの精度を欠いています。ボランチのパスから裏へ抜けてのクロスは注意ですが。

大久保はサイズが大きな選手ですが、その分、動きが90分持たない、後半15分すぎてからの投入が多く、まさかのスタメンがあっても、途中交代でしょう。ターゲットマンで、クロスの受け手や、ファーからの折り返し(フリック)、囮になってスルーしたボールをファーの選手が狙うパターンがあります。

攻撃を組み立てるのは、寺田と佐藤のボランチと、左SB(WB?)の田所だと思うのですが、寺田は中盤からの一発のパス、一発のクロスを狙ってくるので常に注意。佐藤がベースとなるパスを散らしてくるようですが、出場停止ですか?誰が出てくるのですかね。

前節のC大阪戦では、C大阪は寺田の周辺でのパスカットを狙っていたようですが、今回も狙えるかどうか。

横浜FCの失点には面白い特徴があり、相手の右からのクロス(横浜FC・左サイドからのクロス)で失点の半分ほどを喫している。左右に揺さぶることは必要だとは思いますが、右からの攻めを重視したほうがいいかもしれません。

C大阪も前節、失点した直後、右からのクロス二つで、澤上のポスト、メネゲウのボレー、と2回決定機を作っています。たぶん左前方に攻撃陣が張り出した分、チームディフェンスのシステムのバランスがここらへんで悪くなっているのだと思います。かなり守りがルーズ。

もしこれに懲りて自陣左サイドを固めてきたら、今度は右サイドや中央が空くでしょう。ま、その辺は臨機応変ですが、データとして押さえておいたほうがいい。

あと残り半分の1,2割くらいはリスタートからなので、右サイドはCKを丁寧に入れて狙うことが必要か。

ま、攻撃に関しては、確率の問題です。

ちまちまと簡単に書きましたが、あまり役には立たないでしょうね。

選手たちの頑張りに期待します。

昇格しましょう。

にほんブログ村