新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

最後まで集中し、戦い抜こう(京都北九州、北九州メモ)

今回、前節の町田北九州のビデオなどを見たのですが、あまり参考になることは書けないと思います。

町田北九州では、北九州は町田の攻撃をブロックするために、おそらく町田仕様の戦い方をしたのではないかと思います。

得点については、いろいろな要素があったと思いますが、守備については攻撃を仕掛けてくるサイドに密集を作ってクローズし、プレスをかけやすくして相手の攻め上がりを抑え、攻め込まれたら相手のバイタルを固めて?その前に密集を作って、ブロックを設ける意図があったように思います。

ただこの守備体制も、町田がファーへ入れており返すパターンの防御以外は、どうも紙一重といった感じで、ポスト、バーに助けられたシーンが何回もありました。

時折、5バックにもなった北九州の守りには、どうも守りの穴があるように感じたのですが、今回はそれを対戦前に指摘するのはやめておきます。(対戦後にはこう感じていた、こうすればよくなる、と書く可能性はあります)

攻撃では、原の存在感が抜群に感じます。C大阪戦以降、原が復帰してから北九州はあまり負けていないのですが、それは原の復帰というのが大きく効いているのでしょう。

北九州は原、小松のコンビが得点のほとんどに絡んでいます。最近の攻めに関しては、だいたい前線にロングボールをほり込んでくることが多く、原、小松を狙ってくるパターンが多いです。小松は右利きで、ヘッドも強い選手で、得点感覚のある選手。一方、原は右足のトラップ、右足のドリブル中心なのですが、左のトラップ、シュートなどもちょっとはこなせる器用な選手で、右中心で、左はミスが多いといった気持で抑えるしかないだろうと思います。プレーエリアはセンターからやや左のエリアが多いかな?

二人をバックアップするのは小手川、風間のSH?、OH?でミドルシュートとクロスがあります。町田戦ではボランチ飛ばして前線4人に入れてきていましたが、京都戦でどうするのかはわからないです。ただ前にかかった場合、カウンターを発動させやすい相手だとは思います。

攻撃でよく絡んでくるのが左SBの石神で高精度のアーリークロスから得点に直結するクロスを上げてきます。ただし、ドリブルは不明、クロスを抑えるのが第一義でしょうか?右の星原もよく攻めあがりますが、ドリブル中心で、攻めあがっての攻撃が得意。ドリブルを抑えるのがまずはじめでしょうか?

北九州の両サイドと、こちらの両サイドの戦い。カウンターがどちらが炸裂するかが勝敗の分かれ目になるかもしれないと思います。

北九州は後半に失点が多いそうなので、最後まで集中するように、また最後まで気を抜かないように。

そして昇格しましょう。

いい試合を期待しています。

にほんブログ村