新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

最善を尽くそう、全力で最後まで戦おう(京都ー千葉・千葉スカウティングメモ)

千葉戦のスカウティングメモ、簡単にだけ載せておきます。

前節の讃岐戦は、前線の4人、町田、エウトン、船山、井出が走るサッカーを志向していたようですね。富澤、若狭がそれを背後から支援する形。そこへ左SBの阿部がよく絡んでいました。

ああ、阿部の左足のクロスは結構精度があるので注意が必要です。

富澤は今節でない可能性があるらしいですが、戻したボールを右足のミドルで狙うのは練習していたんでしょうね、脅威でしたが、怪我かもしれません。

代役には長澤が出ていましたが、右利きのドリブラー、右足で長いボールも蹴れます。ブンデスリーガで頑張ってきたらしいですが、右足の比率がやや高いかな、とは思いました。

山本真希が出てくる可能性もあるそうですが、右サイドからの右足のクロス、右足のミドルに注意。右斜め45度くらいからのプレーが得意そうで、ボランチとしてはどうなのかどうか、よく知りません。小池という選手も、どちらかというと右足のクロスを上げるプレーが得意そうでした。

このチームはボランチはどちらかというと守りの壁のような仕事をしていて、やや組み立てには参加していない印象がありました。アランダ?でしたっけ、メインボランチの選手は両足も使え、攻め上がりもできるので要注意だとは思うのですが、今怪我?ですか?

ボランチの組み立てがあまりないので、最後尾や、両SBから前線の4人につけるボールが目立ちました。特にエウトンのポストプレー、船山の動いて受けるプレーで、うまく前線にポイントを作っていました。(エウトンは左利き、船山は右が主で左はやや使える感じ、船山はゲームメークの時は右が中心です)

町田と井出はパサーという感じの選手で、ドリブルも得意。右足がどちらも利き足だと思います。井出は走りながら横パスを出すプレーが多く、町田は縦パスを狙う確率が高く感じました。

まず、エウトン、船山に入れて、それから二人が動き出すことが多かったでしょうか、ポストからの戻しをミドルシュートにするパターンもありました。

ああ、エウトンとアドゥはヘディングがやや得意そうだったので注意が必要かもしれません。この二人とCBが主に空中戦部隊でしょう。

まずポストに入れ、町田、井出が器用にクロス、スルーパス、シュート、そしてそれをFWが決めに行って、セカンドボランチが回収、というのが一つの型なのかもしれませんが、いろいろパターンはあると思います。

セカンドボール、大事でしょうね。

まあ、連戦の最後、最善を尽くし、最後まで全力で戦いましょう。無理はだめですけど、最善を尽くしてください。

そして、昇格しましょう。

にほんブログ村