新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都徳島、まずは雑感

いや、いやな予感していたんですよね。徳島の掲示板などを観察していたら、「今節は絶対に勝つ」、といっている人が何人もいて、なんかあるやろう、いやな感じだ、そう思っていて結果を確認したら01で、正直に言うと、予想以上に点を取られていない、それが正直な実感です。

でもシュート一本に抑えての負けですからね、選手たちは悔しかったでしょう。

まだ前半20分過ぎまでしか見ていないので、何とも言えないのですが、ちょっと書きます。

今年のヴォルティスは、山形のようにけが人が続出し、始動に失敗した、そうささやかれていました。しかしこの試合から福元が最終ラインに復帰、鳥栖から移籍してきて、期待されていた山崎がFWのワントップに入りました。つまりスタメンが二人戻ってきたわけです。

こちらがスカウティングしていても、ちょっと読めなかったんじゃないですかね。特にDFが堅くなったのはこちらとしては痛かったし、山崎はエースFWの一人でしょう。これにカルリーリョス、長谷川悠とやら言う選手も戻ってくる、という話で、徳島、ちょっとあなどれないかもしれませんね。

現状で、京都はまだ攻め手を探っている感じがしました。自分たちの型、というものがわかっていない。では我々の型って何でしょう?

得点は、イヨンジェと有田が取っている。だからこの二人を使うべきです。チャンスメークはダニロビがしている。だからダニロビをフル活用すべきです。この2点をもうちょっとはっきりさせたほうがいいと思う。決定的な仕事をしているのは、今のところこの3人かと思います。他の選手にも芽はあるものの、まだはっきりしていない。

ダニロビがボランチの位置まで下がってパスを捌いたところからチャンスができたり、前線でポイントになったところからパスが回り始めたり、まず彼がポイントになっている。才能がある選手と見ました。

僕なら山瀬を外してダニロビを入れ、前線を△のような3トップのような形にし、点を取りに行かせます。まずはそこからじゃないかな。

あとパスが外(サイド)を回っていくときが多いので、サイドへ選手が出てきたときに中央に選手の通れる道(パッシージョ?)ができるので、そこへパスを戻してやってほしいと思いました。

2005年はパウリ—ニョにJ1へ連れて行ってもらいましたが、ダニロビは点を取るし、パスもできる万能型の選手のようなので、そういう使い方をまずはしてほしいと思っています。

セルヒオが後半良かったようなので、それについても見てみたいと思いますが、まずはとりあえず、雑感まで。

にほんブログ村