新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都、次戦、熊本・・・(簡単にプレビュー)

いや、ちょっと早いんですけど、熊本のゴールシーンなんかをまとめてみてみました。

いや、驚きましたね。7点取っているうち、何点リスタートなんですか?5点?

PKだけで4点も取っているじゃないですか。いや、びっくりというかなんというか。

パターンも決まっていて。まず左から切り込んで、清武が絡むとひっくり返されたり、ハンドの笛が吹かれることが多く、このPKで4点決めています。しかもどれも左方向へ蹴って、決めていますね。お見事!!

清武は左からカットインするほかに右からクロスを上げるパターンもあり、このパターンで2点アシスト、合計で6点に絡んでチームをけん引していますから、月間MVPも、さもありなんという感じでしょうか。右は縦に速く上がってクロス。シュートはやや苦手。左はポイントになってドリブル、という感じでしょうか。

熊本はどちらかというと左サイドの攻めが強く、右は清武単発、にも見えましたが、気のせいということで。前線には平繁、巻などのタレントがいますが、まずキーは清武でしょうね。29番も途中から出てきていい仕事していましたが。ただ彼はプレーエリアが左寄り、かつ右利き気味ということで特徴がはっきりしている。ヘッドもありますが。

守備ははじめ調子よかったんですよね、熊本。空中戦にはめっぽう強い守備陣だと思います。また壁を作ると、大柄の選手が多く、はじき返しやすい。サイドからのセンタリングっていうんですか?浮き球のクロスには強い。

ただ反対に、大柄なだけに足元が弱い。低い弾道のクロスにはもたもたする場面があり、走りでは負けることがある。

清水の大前には、大前は左足頼み、プレーエリアは正面左寄りから斜め45度の左方向にかけてのエリア、とヤマを張って、かつ左を塞ぎに行っても交わされてしまっています。ま、彼はそれだけ敏捷性があるんでしょうが。

敏捷性がある選手には弱いのかもしれませんね。イヨンジェ、有田のような高さと速さのある選手はもちろんですが、ダニロビ、セルヒオ、堀米のようなスピードとテクニックで勝負する選手のほうが、利くかもしれません。

それにしても山口の攻撃凄かったですね。GKがはじいたところを押し込んだ形でゴールでしたけれど、クローズして、細かいパスをつなぐ、っていうのは、大木監督の戦術を彷彿とさせられました。あれは一つパスがずれてカウンター食らうと怖いんですが、ま、お手並み拝見です。

ま、攻撃では京都の右サイドが相手左サイドの攻撃の突破の道(特にドリブル)を抑えること、右からのクロスははじき返すこと。

守備では敏捷性を生かし、左右に揺さぶること、グラウンダーや敏捷性で勝負し、スペースで合わせること、ですかね。こぼれ球の競り合い、ポジションの取り合いでは負けないように、こんな感じですか。

また簡単に追加できれば追加します。

がんばれ、京都!ちょっと早く書きすぎたかもしれませんが、追加できることがあれば、何とかするかも・・・。

にほんブログ村