新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

熊本—京都・短評

京都の熊本戦みました。アウェイでの戦いだったわけですがアグレッシブに戦ってましたね。このような試合、00を10に持ち込めれば、勝ち点は付いてくると思います。

京都サイドからのみほとんど書きます。

守備は粘り強くなりましたね。前半の立ち上がりにはかなりアグレッシブなプレスを受けたのですが、粘り強く戦っていました。守り方が整理されたからか、山口もいい守備をしていました。

サイドからの攻めも持ち込んでチャンスを作っていましたし、まあまあだったと思います。

ただ相手のブロックが強く、崩しきれない展開。終盤は相手も前に出てきてプレスも強くなり、危ないシーンもあったうえに、こちらの攻め方を研究されていたようですが、何とか逃げ切ったという感じでした。

宮吉の決定機があったということでしたが、あれはちょっと厳しい、GKの寄せが早かったし、難しかったと思います。それよりも原川のミドルのほうが可能性を感じたし、あれを決めきってほしかった。下畠も一本いいシュートがあったと思います。

この試合の成果を生かして、どんどん成長してほしい。

・・・で、終われればいいのですが、苦言をいくつか。

和田監督の時は、攻めも守りも、どちらかというと選手任せでした。そして今守備の意識づけができかけている。しかし攻撃での組み立てがまだ創れていない。

気になったのは、攻撃のスタートポジション。相手が中盤で奪ってからショートカウンターを繰り出してきていたのに対し、京都はどちらかというと最後のブロックのところで跳ね返してから、サイドに散らして持ち上がる形が多く、その間に相手のブロックが出来上がることが多かったです。

終盤の熊本が前からプレスに来た場面では、中央の大黒に当ててからサイドに散らす攻撃が多かったのですが、選手の距離感が広がりすぎで、カウンターを出す選手と選手の間に2人、3人と相手DFに入られてパスカットされていました。

あれだけ広がっているのならば、まずワンマン速攻で持ち上がって、相手DFの間や、DFとGKの間に通すボールを入れてもいいんじゃないかと思いました。スペースを使うという考え方を持ち込むほうがいい。

スタートポジションについては、ボランチの位置から、まずサイドへ散らすことが多く、また、前線へ持ち上がろうとしても味方のフォローがなく、原川の能力でも、1枚2枚はがしても3枚目にぶち当たる状態。

どうでしょう?中央に楔のパスを入れるか、壁パスで持ち上がるパターンを創っては?宮吉はサイドのプレスでよく聞いていましたが左右に走り回りすぎの気もするので、足元のある彼に真ん中で楔になってキープさせ、中央絞ってから駒井、伊藤、原川の3人が絡んでいく攻撃をしては?大黒、有田は前でそれを待つか、ダブルポストで楔になる。

大黒、有田は、ロングボールは結構せっていたんですが、セカンドボールを拾うシフトが組めているかは疑問でした。

あと、左右に広く陣形をとるのはいいですが、広がりすぎて、選手の攻撃の厚みが足りない。相手がゾーンで守ってきているのですが、同じように左右に均等に広がってしまっている。

たとえばこの試合であれば、守備で穴になる可能性がある養父のSBのところを徹底して突けていない。

人数かき集めて、サイドの選手を二人集めて、片側に寄せたり、中央に寄せたりする方法もありではないかと思いました。

当然対角や逆サイドの守りは誰かがみなければなりませんが、集散して、相手の弱いところに、中央なら中央、サイドならサイドに人数集めてみてはどうでしょう?

京都のブロックのうち、442の4のDFラインと2のボランチはなかなか堅いので、前線の4枚の動きを流動的にするか密集するかどう連携させるかがカギかな、と思いました。堅守、速攻でどうですか?特に中央の攻め上がり、速攻を交えて、サイドからクロスを上げさせては?宮吉も、有田も、空中戦、うまいですよ。大黒様も、ヘッド、凄いですしね。

終盤の原川のミドルは中央からの攻めだったので、中央を攻め、サイドを攻め、そしてまた中央へと、揺さぶりや、緩急とかも大事かと思いました。

また岡山戦も見ますが、リスクを冒して攻めに出る方法もありかと思いました。

あともう一つ、駒井、伊藤をウィング的に前線にあげ、原川を一列前にあげてゲームメーカーにするとか、今のままで、和田や、石田のような選手に相手ボランチのところでボールを受けて勝負させるとか、相手のバイタルのところをこじ開けるのはなかなか難しいですけれど、少しはそこに侵入してかき混ぜておくことが必要かと思います。磐瀬を使って、相手のボランチからボールを奪わせるとかでもいい。

ま、次の岡山戦を見てからですが、攻め手をいくつか調べてみます。

まずは気の向くままに、きまま、言いたい放題、『短評』のみ綴っておきます。

読んでくださって、ありがとうございました。感謝します。

にほんブログ村