新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

必勝不敗の体制を サッカー日本代表は、日本シリア戦に備えよ!!

サッカー日本代表のシリア日本戦(10月8日)が迫ってきました。この試合の重要性が語られることが少ないのですが、協会は十分にその意味を把握しているのでしょうか?また招集の体制は十分なのでしょうか?

この試合、引き分ければ、日本は2引き分け、シリアは1引き分け、次の試合で引き分けは許されず、勝たなければならなくなります。次の試合引き分けたら、3引き分け、これでは通過は2位での通過狙いになります。

また、万が一にも、痛恨の失点を喫し、負けを刻んでしまったら、即、通過が絶望的になるのでは・・・。

日本は1分け1敗、シリアに次の対戦で勝っても、シリアが他の試合を落とさない限り、シンガポール戦での引き分けが響いて、1位通過は不可能になります。他のグループの結果にもよりますが、W杯に行けない可能性が高い。

だからこの試合は、負けてはいけない。足元をすくわれないように、万全の対策が求められます。

ラグビーW杯が盛り上がっています。トップリーグの盛り上げ、監督の戦術がリーグに落とし込まれているかなど、まだまだ課題がありますが、ラグビーはこれから上り調子になると思います。

次のW杯は、2019年、それまでにサッカーのロシアW杯に、もしサッカー日本代表が参加できなければ、ラグビーW杯・日本は大きな盛り上がりを見せるはずです。

だが一方で、Jリーグは大きなデメリットをこうむることが予想されます。だからサッカー日本代表だけでなく、Jリーグ、日本サッカー界を大きく左右する一戦に、シリア戦はなるのではないでしょうか。

だから言いたい!シリア戦に備えよ!シリアの仕掛けに注意しろ!南アフリカが日本に足元をすくわれたように、我々の目は閉じていないか、我々は無防備ではないか、指揮官は大丈夫なのか、至急点検せよ!

この文が杞憂に終わることを切に願っています。日本は強い、しかしシリアも手ごわい、一目は置いてかかるべきだと感じます。老婆心ながら。

ラグビーW杯、日本は初戦を乗り切りました。ここからはボーナスステージだと思います。ほぼ、ミッションは果たされました。

サッカーの、マイアミの奇跡よりは、アテネでスペインを破った時と印象は重なったのですが、これ以上素人は口をつぐむことにします。

日本に幸あれ!わが麗しき国・日本のためにこの文が役に立つことを!

読んでくださって、ありがとうございました。感謝します。

にほんブログ村