新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

Jリーグへの小さな提言…の前に 「Jリーグ再建計画」を読んで

「Jリーグ再建計画」大東和美村井満 編、秋元大輔 構成(日経プレミアムシリーズ237、2014年5月)を読んでいます。あまり出回っていない本だと思うのですが、第1章の「Jリーグの窮状」を読んだだけで驚いてしまいました。

これがJリーグの置かれた現状だとすれば、一層の努力が必要でしょう。詳細については、けっこう衝撃的な内容が書かれていたので、本書を読んでいただきたいと思いますが、少し考えてしまいました。

本書で提起されている問題点について、詳細についてあげてみたいのですが、なかなかまとめきれません。そこで第1章の、区分を示すことにより、その内容を紹介したいと思います。

第1章 Jリーグの窮状  課題山積の現在 

・Jリーグへの世間の関心度が下がっている

・テレビ放送の減少と放映権料頭打ち

電通博報堂が頑張ってもスポンサーがつかない

・入場者数の微減が意味するもの

・勝てば優勝という試合でも満員にならない

・毎年発生する赤字クラブ

・ヨーロッパに集中するサッカーマネー

アジアチャンピオンズリーグで勝てなくなった

大東和美氏から村井満氏へチェアマンバトンタッチ

第1章は、上記の通りとなっています。

関心度が下がっている、地上波の放送がなくなり放映権料が下がっている、スポンサーがそのためつかない、入場者が減っている、赤字クラブが問題化する、etc。

では解決策をどのように見つければいいのか?

ここで少し、視点を替えたいと思います。どのように視点を変えてしまうか?

それは、突然ですが、日本プロ野球がどのように活性化策を練ってきたか、ということを考えることです。日本プロ野球は、同じ日本のプロ・スポーツとしてJリーグと関係が深い。その策を見てみたいと思います。

日本プロ野球は、急速に収支の改善を見せていると僕は思います。その中で、楽天やDeNAのようなネット業界からの参入が生まれたりしています。どのような改革策を、日本プロ野球は開発したのか?これは簡単に、僕の記憶の中から拾い出したものですが、それらを並べてみることにします。正確でないかもしれませんが、お許しを願いたいです。

クライマックスシリーズ?(プレイオフ)の開発

・参入企業の基準の緩和

フランチャイズの移転

・サムライ・ジャパンの活躍

・BS・CSでの放送の開始

今、大リーグを含めて、「プロ野球はどのようにして儲けているのか?」という分析を始めているのですが、始める前に思いつくのは、以上のような点です。

クライマックスシリーズは、プレイオフの導入により、メディアを巻き込んだプロ野球の盛り上げや、広告の上昇、試合数を増やすことにより、収入が上がるようにシステムが組まれています。

・参入企業の基準の緩和は、Jリーグで主流となっていたいわゆるIT型の企業、新しいタイプの業種の企業を、プロ野球に取りこむためにうたれた手とも見えます。このことで、プロ野球への新しい業種からの広告のお金の流れ込みが起こったと考えられます。

フランチャイズの移転は、Jリーグの強い都市圏から、地方都市にフランチャイズを移すことで、劇的に業績を回復させました。様々な面で儲かる仕組みができるようになりました。

プロ野球日本ハム楽天の移転して以後の、Jリーグ・札幌、仙台の業績を丁寧に調べてみれば、変化がみられるのではないでしょうか?

また、近鉄日本ハムが、関西圏、首都圏から移転することで、それまで各チームについていたファンが、他チームに移動するようになりました。名古屋、広島、福岡、千葉、埼玉、神戸、横浜、東京、と、プロ野球は各地に本拠地が分散することになり、バランスが良くなっています。

またプロ野球には、巨人、阪神という、地域を超えたビッククラブもあります。

・あとの二つについては、野球の関心度を上げるのに効果を上げていると思います。メジャーから選手が戻ってくるようになったのも大きい。

これらは、プロ野球が明らかに改善傾向にあることのあかしだと思います。

では、これらのプロ野球の改善策から、何を学ぶべきか?

いえ、正直に言って、同じことをしていては、伸びないと思います。現状、プロ野球と、ファン層であったり、やり方を同じにしてしまえば、Jリーグの特徴を生かしきれないし、プロ野球との差別化が困難になる。

では、どうすればいいのか?

1つは、プロ野球のやらないことをやり、共存共栄を果たすことです。

これだけうまく回っているプロ野球にも、ここがおかしい!ここをもっと変えられる!と指摘されている方がおられます。そのやり方を取り入れていけばいい。そしてそのやり方を、プロ野球が取り入れられないのならば、こちら(Jリーグ)が取り入れて、こちら(Jリーグ)がそこから新しいアイディアを出せばいいと思います。

そういうことで、様々な本を今、手に入れて分析に入ったのですが、1つのクラブにできることをこれまでは書いてきましたが、ここからはJリーグ全体の繁栄について考えることになります。

極力、京都サンガに引き付けて書きたいのはやまやまなのですが、大きな風呂敷を広げなければならないことも、多々あるかもしれませんが、ご容赦を願いたいと思います。

実現性は、まあ、何かの種(たたき台)になればなぁ、その程度に思っています。

ともかく、今、仕事の合間を縫って、趣味でこんなことを必死で調べています(笑)。

もっと休みがほしいなぁ・・・(笑)

まあ、がんばります。

今回はサッカーからは、かなりわき道にそれました。ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

感謝します。

にほんブログ村