新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

ボランチ考?(アトレティコ・マドリー対レバークーゼン 20142015CL R16)

CLのベスト8を決める試合、セカンドレグを見ています。レバークーゼンて先進的なサッカーをするんですね。ここまで勝ち上がってきたのも当然かな、と思いました。一方でアトレティコは華麗さを見せるサッカー。魂のこもったサッカーをしていました。激しい闘志がぶつかり合って、PK戦までもつれ込む、長い試合になりました。

注目というか、最近京都サンガで気にしながら見ていたのが中盤のこと。で、そこを中心に見ました。アトレティコは明らかに字の形のボランチの陣形を布き、このボランチたちがうまいうまい。コケ、ですか、彼はよく見てボールを配給していたし、テクニックも素晴らしかったですね。トルコ代表のアルダ・トゥランもうまい選手でした。

        MF

DH

DH

実際は、アンカーとクリエイティブなボランチ、それにトップ下的な前線とDFの間をつなぐ選手、の3人だったのですが、彼らが4バックの前に壁のように立ちはだかって、レバークーゼンの攻撃を食い止めてました。後半の相手の嫌なカウンターを、体を張って食い止めていた姿も印象的です。

これらの3人はつなぐことを重要な役割としていて、ボールを持ちます。ドリブルでキープして、闘牛士のように舞い、相手をかわしては前進したりパスをつないでいきます。

レバークーゼンは前にかかった時に2バック的な陣形を布き、シンプルかつ速い攻めを繰りだしてくるので、その2バックの横のスペースをこのアトレティコボランチと、マンジュキッチグリーズマントーレスなどのFWは狙っていました。

一方のレバークーゼンはジグザクともいうべき中盤の陣形。

MF            MF

     DH

        DH

DHとMFが前後してギャップを造り、相手を受けとめたり、壁や袋小路へと追い込んだりしていきます。ただ一方で字(三角形)を作るのは基本のようでした。前半は攻撃的だったので、片方で三角を作ると、残る一人のMFは前目に。後半は守備的だったので片方のMFは引き気味に、とバランスをとっていました。

ソンフンミンと、チャルハノールがゲームメークしていたんですかね?よく動いてました。キースリンクが出てきてからは、勝負に行くぞ、とレバークーゼンもかなり攻めたのですが、厚いアトレティコの守備陣に引っかかって、最後は止められている様子でした。

レバークーゼンボランチは地味で、どちらかというと目立たなかったのですが、決定的なパスや、攻撃につながるパスをうまく配給していました。どの選手も、まずもつと、スペースがあるとドリブルで位置をすぐに押し上げてからシンプルにパス、なければ前線へフィード、マークがきつければダイレクトに横や周りへ、とシンプルにやってました。

ドイツのボランチも、スペインのボランチも、戦術によって様々なタイプがあるんですね。原川も考えてほしいと思いました。

レバークーゼンボランチについてはダイレクトプレーが多く、そうか、こういうタイプのボランチもいるんだな、と勉強になりました。

『連動する』、全員が動き、全員が連携する、熱のあるドルトムントのようなサッカーに比べ、レバークーゼンは一撃で止めを刺すのを狙っているフェンシングの剣士のように、ボールを回しつつ、突然一部の部分だけが動き出す。全体ではなく、一部分だけが突然うまくつながって決めに来る。そういう印象でした。

イメージではなく、戦術で説明すると。斜めの動きが多く、少ない2人だけの連携で、ななめ横へ出すパスへななめに走り込んで来たり、縦へ出したパスに斜めから走り込んで来たり、ブラインドの場所を使ったり、2人で連係してプレーする動きが洗練されており、常日頃の練習で、戦術がよく練られている印象でした。

3人の動き、ということをよく言われます。トライアングル、ということもよく言われます。しかしこのレバークーゼンでは、2人でまず崩しておく。ダイレクトでスペースへだし、斜めに走り込んで、それを受ける、というパターンがまずあって、そのあと3人目の動きがあるんだよ、という戦術のように思われました。

ドイツの戦術も面白いですね。スペインの技術も光りましたが。

面白かったので、レバークーゼン、マークしとこうと思いました。アトレティコの試合は、、できるのなら、CLのQFでもう少し詳しく見てみるつもりです。

長かったけど、なかなか面白かった。

にほんブログ村