新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都サンガ守備考(CL 20142015 R16 マンCバルサ)

去年のCLの決勝ラウンドのビデオが腐るほどたまっていたので、ひとつずつ見ていくか、すべて消します。今日はマンCがバルサをホームに迎えた試合、R16のセカンドレグになります。

京都サンガの守備のために書き起こすので、関心は守備のみになります。

バルサの守備はポゼッションなのでしょうね。もっとよく見れば変化も出てくるのでしょうが、ボールを持って攻め続けてました。43のDFの壁から出るボールを、3トップ、スアレス、メッシ、ネイマールが運ぶ形。遅攻も多かったですけど、3人が持ってから一気に運ぶ攻めは速かったです。メッシ、ネイマールが中央へ切り込んでいく形は、昨日薦めたので今日は何も言いません。それよりもマンCの守備体系を分析します。

マンCの守備は4231、4バックのメンツの名前は分からなかったのですが、というか早送りで見たのでわからんかったのですが、前線は名前がわかったので適宜説明していきます。

基本は最終ラインはマークを外さない。3人のFWなら4人のDFが守っておく。少し離れたり、オフサイドトラップをかけにはいきますが。ワントラップする間くらいには、マークに入れるように、間隔を置いて捕まえておく。近くにいて、マークを外さない。

中央はトライアングル、トゥレ、フェルナンジーニョ、シルバの3人がトライアングルを組み、まずシルバが入ってくるのを防ぎ、トゥレ、フェルナンジーニョが、FWやトップ下のマークにつく、受け渡しをする感じでした。トップのアグエロはあまりチェイスにはいかない感じ、ただし守備には参加していました。(←後述)両翼のミルナー、ナスリは両サイドを上下動して、守りに参加していました。

DFは必ずマークをしておく、相手に対し、守備ブロックを布く、すると守りは堅くなります。しかし、です、攻撃に出ていく力は弱くなります。ここで出てくるのが、背後からの守備です。

守備の選手はゴールとボール保持者の間に入って、守備をします。場合によってはフォアチェックに行くこともある。でもこれでは体力が刻々となくなるだけです。ではどうすればいいか?

それはサイドに追い込んでいくということです。

ミルナー

|○   フェルナンジーニョ

|SB

前からではなく、後ろからもバックパスを切りに戻ってやる。相手の動きを封じに、トライアングルを造り、サイドなりDFの壁へ追い込んで、相手を封じに行きます。前方は1対1だけではなく、1対2というような挟み込みに行く局面を創り、奪えれば相手の背後にいる味方にパスを出す。戻ってきた味方にはマークがついていないことが多いので、攻めにスムーズに入れるし、守備時に相手の前にいるよりも、背後にいる方が数mから数十mのアドバンテージを得られます。

背後から奪いに行くか、バックパスを狩り取るポジション、これが僕からの提案です。

また最終ラインは、ギャップを作るようにする

            CB○

SB              SB

       CB

一人がラインを離れてチェックにいけば、他の選手が中に少し入ったり、後ろへ引いたりして陣形を変える。バルサではアラバ?がCBに入っている局面もありました。

いろいろ、世界トップのチームの守備は奥が深いようです。

また暇があれば調べます。何か月後になるか、明日になるか、よーわかりません。ま、ボチボチ行きます。がんばれ、京都!!

にほんブログ村