新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

甦る不死鳥(京都C大阪)(下)

さて、気持ちのいい、都合のいいことだけ書いても常勝はかなわないでしょう。上昇していくためには、守備の整備が必要です。これから先、ここがしっかりしなければ、伸びていけないのは必至です。

守備については、ようわかりません。石丸監督が就任されてから、状況は改善した、と信じることにします。で、あとは自分のしょうもない感想をいくつか。

一番感じること、DFが、相手を封じ込められていないんと違うやろか?運動量でカバーしろ、という人が京都のサポでは多いようですが、僕は、相手FWの前方や、ゴールへ向かう方向を、簡単に開けてしまうDFが多いように感じます。ゴールと、対面の間に入って、相手の自由を奪えていない。ほとんどがバキの個人能力で助かってる、という場面が多く見られました。

守備陣形は、フラットな4人のDFに、フラットな4人のMF、でもその間には簡単にはいられて、バイタルを締めきれていない。素朴な疑問なんですけど、守備って、あんなに横一列に並んでやるもんなんですか?京都が強かったころ、20012002の頃は、今は全くしゃべらないのかな?、手島、という強力なDFリーダー、リベロがいて、しゃべって(笑)、守備を統率していたし、2005の頃は、リカルドという読みのいいリベロがいて要所を締めていました。

守備は右サイドに固まって相手が攻めてきたら、当然相手に合わせて右サイドに同数を用意するべきだし、パスをひっかける網を用意し、走りつつパスカットを狙うべきだと思います。大木サンガの『クローズ』には賛否両論がありましたが、守備面で密集でパスを奪われても奪い返す、取られてもからめとるという面がありました。

攻撃にせよ、守備にせよ、均等にゾーンを布かなければならない、という考えが今の京都には強すぎて、弱いとこを徹底して突け、とか、相手の攻撃が強いところにはDFの強い選手を集める、という考えが薄くて、相手のトップ下に強力な選手がいても、秋本や、倉貫のようなマーカーつけずに自由にさせていたり、柔軟な発想って、ありではないんですかね?

今年の京都は、何か前線からのプレスさえしていればOKという考えもあるようですが、そうではなく、チェスか将棋のように、味方の王を守り、相手の王を攻める、というバランスというか、攻め一辺倒で相手の王にかかって、味方の王はガラガラで、2、3手の差で詰まれてしまうことの繰り返し、のようにも感じます。

まず基本、相手のFWに仕事をさせない、相手の得点源にはポジション度外視で常にエースキラーをつけるとか(笑)、そして他の選手は攻める、とかいうのも、ありかな、とは思います。

うーん、C大阪戦を見て、京都について感じたことなので、C大阪の人には申し訳ないですが、この辺で、たわごとを締めておきます。

またしょうもないこと書くかは、未定です。

にほんブログ村