新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

讃岐ー京都戦雑感

 讃岐—京都戦みました。よくぞ追いついた、というのが実感です。相手の守備が引いて守ってきた以上かなり苦しい戦いになったようでした。

相手の目的は一つ、京都のサイドの攻めのスペースをふさぐこと。サイドのスペースを消して、高い位置でボールを保持しても、スペースがないので窒息して身動きが取れなくならせることのようでした。

しかし左サイドはそれをものともせずに得点をしたので、凄いな、と思いました。山瀬の得点は打ったから入ったもの。横谷のクロスからの大黒の得点は、FWが中央からサイドへ流れる形であったためブロックを崩せた可能性が高かったようです。

一方、失点は速いFWに自分の型を出させてしまった失点。守備組織が背後になかったので、なかなか止めがたかったかな、と。しいて言えば、1点目はカバーがいたので、そこの守備で、飛び込まず、もう少し粘り強くいくか、遅らせられたらとの感じです。ここの失点については、どうすればいいのか、何とも言えません。

感じたのは、攻撃のバランス。現時点では、これだけ引いて守られたりするのなら、先に攻撃の組み立てについて考えた方がいいと思いました。

いま、攻撃は両サイドの高い位置にポイントを作って、そこからのえぐりやクロスが主たる武器になっていますが、讃岐はそのスペースを消して攻撃を止めてきました。そしてカウンター。相手の術中にはまった面も、讃岐戦ではあったように感じます。

問題は中央でのポストプレー・楔、またバイタルでのセカンドボールの回収、パスの受け方にあるのではないでしょうか。

●  ●   ●○   ●   ●

   ○    ○     ○

□ ●   ●   ●  ●  □

     □     □

        ●

    ◇       ◇

讃岐戦のフォーメーションを対応させてみると541で讃岐は後ろを厚くしてきていました。時々片方のWBが攻撃に参加したりしますが、基本両サイドのスペースを消している。スペースがない。そこで必要なのが、攻撃の中心となるアタッカー陣(FW・トップ下・ウィング=○)に両サイドとボランチ(□)の4枚が外でボールを回しながら、いかにいいボールを入れるかだと思います。

後ろは5バックで引いている分、中盤は少し薄くなります。その分、楔を入れたり、アーリークロスが有効になるのではないでしょうか。センターの2人に楔のボールかアーリークロスを当てて、それを後ろの2人か3人が回収しに回る。

理論的にですが、中央に楔が入った時点で、『局地戦』では、同数か数的優位を作ることは可能だと思います。ボランチから縦のポストへ入れるか、中盤のマークの甘いポジションから斜めのパスで中央へまず入れてしまうことが必要ではないかと思いました。ダイアゴナル?っていうんですか?斜めの走りに、パスを合わせるのもいい。

なぜ中央を狙うべきというかというと、何よりも、中央はゴールへ直結しやすい。さっきの局面を引き出しても、

●    ●○    ●

○    ○     ○

中央だけで、数的優位を作ることは可能だと思います、理論上は、ですが。さらに、より高い効用は、中央に、相手のディフェンスを収縮させることにより、サイドのスペースが空くことが考えられます。「中と外を使い分けるように」という指示が出ていたので、このことは十分に理解はされていたようですが、繰り返して当たり前のことを書いておきます。

ユーベについてみてみれば、ジョレンテテベスの中央のコンビが強力でポストプレーもしっかりしているために、アサモアリヒトシュタイナーの両WBや、中盤MF3枚からボールを入れさせまいと、相手チームの監督はプレスに行くか、ブロックを作るか頭を悩ますことになります。中央の2人(ジョレンテテベス)が試合を作るから中へ収縮し、中へ収縮するから外が空く、中と外の強力な武器が、ユーベの進撃を支えたとは思うのですが、このような、相手の陣形によって、攻めのパターンを工夫することが必要だと思います。

rona9229

※手元の控えにしようかとも思いましたが、もったいないので公開しました。