新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都サンガよ 走れ! 覚醒せよ!!

東京戦みました。戦術的、スカウティングとしての準備を東京はしっかりしていて、効率的に走っていたようでした。そりゃ、あれだけ研究されて攻撃、守備されれば負けるかもしれんな、という感じでした。それでも後半の石櫃のクロスからドゥグラスが狙ったシュートは決まっていたかもしれず、惜しいシュートや連携も多々見られました。方向性を正しい方向へ向ければ、このチームは勝てるようになるかもしれない、そう感じさせられる敗戦でした。

はっきり伝わってきたのは、走る選手から使っていくよ、ということ。伊藤や、田村のような若手をなぜ使っているのか疑問に思っていましたが、横谷が出てきて愕然としました。横谷は意識していないかもしれないけれど、攻撃でも、守備でも、その場でプレーしようとしているから動きが少なく、ちんたら歩いているように感じる。ボランチに入ったようだけれど、ビデオを見返してみると、味方が攻め込まれているのにタラタラ歩いて戻っていて、一列前の田村が戻って守備ラインに入っている。ディフェンスブロックを作って、ポジションを抑えているのならともかく、敵のカウンターの芽をつぶす意識が低く、これでは使えんな、という印象でした。パスのさばき、ボールのキープは相変わらずいいのですが、それ以外の貢献が低い。まず『走ること』、これが川勝サンガのキーフレーズになりそうな気がします。パスの展開がメインではない。一生懸命汗をかいて走る選手から使われそうです。横谷にはもう少しスプリントがいる、ほかの同ポジションの選手の走り方を見ておけ、といいたいです。工藤まで、といえば最高級ですが、山瀬ですら守備で必死で走っていました。サブとトップの意識の差があるのなら早急に埋めてほしい。田中という走る駒が一枚増えて、状況は改善されるようですが。

以降は戦術論、特に京都の弱点をさらけ出すことになるので迷ったのですが、書くことにします。

京都も東京も走っているのに、東京のほうが走って見えたのは、戦術的な問題です。どこに戦術の問題があるかというと、京都のCB、バキ、酒井の2枚に、東京はFW二人をつけて、徹底したプレッシャーをかけていました。CBが下げられてしまうとボールの組み立ての起点が下がってしまう。起点が下がると前線へのボールの配給、中盤への配給が滞る。もっとわかりやすく言うと、バックラインが下げられてしまって、京都陣内の低い位置でゲームを作らされているために、京都が押し込まれているように見える、もしくは押し込まれている状況が続くことになります。後半になると、打開策をいくつかうったようですし、相手の疲れもあり、プレスは減りましたが、ボランチや、SBが連携してボールを運べるようになることが必要だと思います。

もう一つはボランチの田森、工藤、特に工藤へのプレッシャーがきつかった。ボランチの前に3枚並んだ中盤の壁があり、東京はその壁でひっかけるかしていました。ここで展開を阻まれてサイドへ逃げると、山瀬、伊藤がゲームメークをすることになります。そしてそれは読まれている。山瀬は右足で、伊藤は左足で中央へ切り込んでいき、大黒へつなぐだけ。サイドは右サイドの石櫃が縦に上がってクロスしてくるだけ、と京都の攻撃の配置はややシンプルでわかりやすい。(それだから強いともいえるのですが・・・)だから中央へ追い込んで壁に当てれば手詰りになる。大黒の能力はすごいですが、一人では孤立しがちでした。山瀬も何回もマークを振り切って、2,3枚ははがして突進するのですが、それも一人では孤立無援、中山のパスもターゲットが大黒だけでは難しく、それぞれが連携できてないようでした。

ちなみに失点は中盤で相手に上回れて、いいパスが裏に出たからで、駒井や山瀬の責任ではありません。中盤厚くなればなぁ、とは思いました。

これらの弱点を解決するために、ドゥグラスが入ったり、三平が入ったり、田村が入ったり、横谷がボールを散らしたりするのでしょうが、十分に打開策にはなるかはこれからでしょう。これからに期待です。

とここで締めればいいのでしょうが、蛇足を。以下は個人的な感想です。

守備面では専門家がおられるので、あまり触れませんが、京都のストロングポイントや、こうすればいいのではないか、という僕なりの打開策をいくつか示しておきます。素人考えですが。

CBは粘り強い守備意識、高さ、速さを持っている。田森もよく底を掃除できている。(やや、フォアリベロ的?)ただ連携を取って、ゲームメークのことを考えること、ロングボールだけではなくつなぎを。ボランチを一人増やして、3枚にして、中盤を厚くし、ゲームメークをスムーズにするのも一つの方法。

山瀬、工藤、中山の3人の試合を作る力を生かすこと。前にかかってしまうときと、中盤でパスをうまく使える時がはっきりしている。前半途中から山瀬は中央に移動してきた感じでしたが、そのほうが彼にとっていいのかも。ショートカウンターをよく出すには、まず中央を押し込んで高い位置に起点をつくって、みんなが駆け上がったり、前線がかき回すのがいいといわれますが、サイドの遠いところからスタートさせるのではなく、山瀬を大黒の後ろ、高い位置か中央において中盤をゴリゴリ駆け上がらせるのもいいのかな、と思いました。ともかくパスのセンスのある選手を中盤に配置して、前線とつなげることのほうが、逆サイドへの展開よりも課題かな、という気がしました。ボランチの壁をぶち壊すか、パスで通り抜けてFWに配給することですね。横谷はパスの配給はできていたので、攻撃、守備での走り込みに期待です。

大黒、三平とも素晴らしいFWですが、大黒一人が東京戦はターゲットになっていて、もう一人動き出しの良いFWが相方にいれば、連携できれば、チームは得点を量産できるのに、と感じました。また中盤が指揮を執って、サイドの石櫃からのクロスを中心にするのか、中盤を主にするのかわからないように、しかし隙をついて、組み立てるのが必要だと思いました。有田や宮吉などは、クロスにも、スルーパスにも強いFWなのですが、走ってないのかな、だれてるのかな、と想像しています。出てくれば面白いのに。

二人のSBはまずまずですが、左サイドからのクロスが使えるようになれば、もっと攻撃は怖くなります。比嘉、福村、ファンテソンの本職左SBにはチャンスを生かしてほしいと感じました。左からのクロス、左足のパスという点では、伊藤のバリエーションが少なくてばれているので、もう少しパターンを増やしてほしいと思いました。できるんだから。

と雑然と並べましたが、個人的な希望としては、中山か、横谷をボランチに入れる。山瀬、かドゥグラス、横谷をトップ下に置く。左のテコ入れ、大黒+FWもう一枚(今のところ守備・攻撃で「走る」三平リード)で2枚にして京都の長所を生かした編成をしてほしいと思います。勝つよ、サンガ!

応援しています。

(長文失礼・敬称略)

rona9229