新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都サンガ・レポート(ベテラン・中堅を生かす)

東京戦、負けましたね。実際に試合を見ていないので、何とも言えないのですが(後で見るつもりです)、現在のサンガの欠点と長所、それに昨年と何が変わったかを考えてみます。

昨年から抜けた選手は、児玉(GK)、安藤(右SB)、染谷(CB)、姜(CB?)、秋本(アンカー)、倉貫(ボランチ)、原川(OH)、原(FW)、サヌ(FW)、中村祐(FW)、久保(FW)、あたりでしょうか?

インについては必要なところだけ、ちょっと触れますが、FWは原と久保の穴を大黒が一人で埋めていますが、山瀬、横谷の不調が目立つ。そしてそれには、秋本、染谷、何よりも倉貫、安藤といった選手が担っていた、ゲームを後方で組み立てる能力が落ちているのではないのでしょうか?

後方については、比嘉、石櫃、ジャイロとメンバーを加え、アレッサンドロ、今はドゥグラスとセカンドストライカーを補強して、メンツを入れ替えたはずでしたが、それが機能していないし、入れ替えすぎで、また選手が若い。監督の苦悩が手に取るように感じられます。

控えをつかえたい。しかし使える手駒が少ない。そんなところではないでしょうか。そこで、コンバートなどでテコ入れを図る、そういう感じでしょうか。

ボランチの選手を一人とるようですが、今、市場に出てくる選手はなかなかいい選手が出てこないだろうし、うちはフロントが予算をケチってだいぶ出し渋っている様子がうかがえるから、難しいでしょうね。

今のシステムは、

     大黒

     中山

三平        伊藤

   田森  工藤

駒井 バキ  酒井 石櫃

     オ

と表記されることが多いです。はっきり言えば、どのポジションも物足りない。あえて言えば、攻撃では大黒、三平の二人、守備ではバキ、酒井、オが堅いくらいか。石櫃は後方でロスとすることがありパス回しに難があり、後方に穴をあけることがあるのがまま見られ(攻撃はいいのですが・・・)田森は工藤と組んで出なければ、カバーが足りない時がある。

問題は、セカンド・ストライカーのところ中山のところに誰を当てはめるかと、ボランチの工藤のところに誰を入れるかだと思う。これはシステムというか、対戦相手によって考えればいいと思う。ターンオーバーを使って、いろいろな選手を試してみる。工藤と、中山がポジションチェンジをするのも一つなのかもしれないが、守備に重点を置くと難しいのかもしれない。横谷を工藤のところへ入れ、ボランチをさせて能力を生かさせたうえで、工藤、中山を前で使うとか、山瀬を再生するという手もあるし、後方のバキ、酒井に福村を組ませて3バック気味にしたうえで、工藤のところに攻撃的なボランチを持ってくるとか、駒井をセカンドストライカーにして動かすのも一つの手だと思う。

整理する。経験のあるベテラン・中堅の力を生かしたほうがいい。使うのなら、山瀬、横谷、福村、ギャンブルでジャイロあたりになるのではないか。ポジションは、SB、アンカー、ボランチ、左OH、セカンドトップあたりになる。三平が東京戦で出ていなかったのは大きかったと思う。彼は大黒の後ろに入っても、点を取るだろうし、攪乱できるだろう。個人的には、ドゥグラスより頼りになると思っている。

もう一度言っておきますが、ベテラン・中堅の力を生かせ、選手を信じろ、それだけです。