新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

追撃  個と組織

京都磐田戦を見た。前半しか見ていないが、感じたことを、適当に、いい加減に書く。

多くの選手が言っているように、前線と最終ラインの間が間延びしてしまっている。だからプレスもかからないし、守備も甘くなっている。前にプレスに行こうとしてかわされているので、前でプレスに行こうとしている選手と、後ろで守っている選手の間にでかいスペースができ、それをいいように使われている。対応策は二つ。一つはラインをあげて、プレスサッカーに特化すること。しかしこれは現実的ではないと思う。ではもう一つは?それは最終ラインはそのままで、前線のラインを下げて守備をすること。またそれによって前線に、相手DFの裏のスペースを生むこと。

京都には個人技に優れた選手、裏への飛び出しが得意な選手がわんさかいる。縦に速い選手、ドリブルの突破、クロスが得意な選手だけでなく、全てを兼ね備えた選手がいるし、さらにそれを生かせる選手も、攻撃的で、機を見てアタックに絡めるSBもいる。攻撃は悪くない。個人技だけでもたくさん点を取れるだろう。

しかしこの攻撃陣をさらに生かす方法がある。それは守備を固めること。守備を固めることが、攻撃陣をさらに生かす方法だ。

相手に攻めさせろ!!攻めさせても勝てる!!守りを固めて背後への速い攻めを狙え!!

そしてそれは京都の新しい攻めの形ではないだろうか?僕の言っているのはドン引きして、守りを固めてカウンターなのかはよくわからない。ただ、他チームがブロック・ディフェンスを採用している中で、川勝監督、森下ヘッドとゾーンやブロック・ディフェンスのスペシャリストを二人も雇っておいて、プレスサッカーをする意味がいまいち分からないのだ。

僕なら442の後ろ8枚をブロックにして、前の2枚に才能あるアタッカー(FW)を置いて、それに後ろの攻撃陣を絡ませる。FWだけ前線に張らせ、MFは守備重視で時にリスクを冒して前に出る、相手多人数か同数の最終ラインを少人数で局面を絞ってずたずたに切り裂いて崩してしまうかする。

たくさんで攻めなくても、攻撃の才能ある選手が崩せるなら崩してしまったらいいのではないだろうか。

よく格言で、「明日のことを考えるな、今日に全力を尽くせ」、という。確かに将来のことは考えるべきだと思うが、頭の中で考えるだけで、実現できないのなら絵に描いた餅である。徳島が今年苦戦はしているが、僕は善戦していると思う。今の一瞬に全力を傾ける、手持ちの駒で全力を尽くす、そういう姿勢って、清々しいと思う。だから今の京都は、今の京都にできる最善の戦術を尽くす、それでいいと思う。

大木監督は頑固な監督で、最後まで、プレスサッカー、ポゼッション、人数をかけた攻めを貫かれたが、それが京都のサッカーなのかと聞かれれば、僕ははっきり違うと思う。今の京都には、今の攻め方、今の守り方があるし、個に合わせて組織は存在し、変化はなされるべきだと思う。また組織の中で個性は生かされるべきだ。

加藤監督時代が、ブロックだったのか、プレスだったのか、攻めにディシプリンがあったのか、個人技のみだったのかよくわからない。しかし、守備を組織で、攻めを個人技プラス後方からのMF・SBの攻撃参加でというのはいけないんだろうか。この辺は見ていないのでよくわからない。その辺は無知なことを書いているのかもしれない。だが現状を見るに、『個の攻撃と守備の組織』がそろえば、今はともかく結果は出るのではないか。また個を生かすことは戦術ではないのか、と聞きたい。

まだほかにも、ボールが足元だけで回っていて、ワンツーのようなユニットの動きが少ないし、ボールがスペースを転がっていかない。2人、3人だけで崩せるユニットがあるのにそれを使っていない。相手のパスの出し手、特にボランチにパスを出させない、バイタルエリアには密集を作る、サイドへスライドして密集を作る、など改善点はいろいろ好き放題言えると思うけれど、監督、ヘッドがくわしいと思うのでこれ以上はいわない。第一に、僕は素人だ。

とにかく、相手の攻めを受け止めるディフェンス、いなし、受け止めてもびくともしないディフェンス、ブロックディフェンスをちょっと見てみたい気がする。そのほうが、今の指導陣にはあっている気がする。そしてその組織力によって、個性が輝きだし、そして勝ちに徹するサッカーが実現する気がする。

僕はこれまでにいろいろぐちゃぐちゃ書いてきて、高速でパスが回るサッカーも嫌いではないけれど、前線への縦への速さがずば抜けて速い、盾と槍とでもいうようなサッカーも見たい気がする。ま、これまでの記事とは統一性はないかもしれないけれど、今はそんな気持ちです。

ま、ともかく、追撃を始めよう。いいスタッフもそろっている。フロントも努力している。選手たちは最高だ。サポーターも素晴らしい。いい結果が出るよう、みんなで今に全力を尽くそう。楽しもう、全力で駆け抜けよう。そういいたい。

(敬称略)

押していただくと励みになります→