新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

イタリア・ダービー?(ユーベインテル)

イタリアダービー?見ました。インテル、最近勝ってないんですね。試合解説でも「選手層が薄い」という発言が出ましたが、そうなんですか?

ユーベは選手全員が闘っていて、運動量も豊富で、守備も戦術もよくて、まとまって戦っている印象でした。

最初ユーベは確かに引いていたようです、堅いブロックを敷いて相手の出方をうかがっていました。そこからテベスジョレンテの連携で相手を崩す場面もあり、相手を攻めさせてはカウンターが飛び出していました。

1点目はインテル左を崩して。リヒトシュタイナーがローテーションして出てきたところに、ピルロからのピンポイントのパスが通りあっさり先制。誰が残っていたのかわかりませんでしたが、インテルDFの中央でのオフサイドトラップの失敗からの失点のようでした。

その後も中盤のポグバ、ビダルの圧力が強く、ユーベが押す展開。インテルは左から攻撃を組み立てようとするも、なかなか連携がうまく取れないようでした。(左からは時々いい組み立ては出てはいました)

ユーベがジョレンテというポストを得て、アサモアリヒトシュタイナーの両サイドが躍動していたのに対し、インテルは中央のマークがきつく、そのためサイドが詰まってしまって苦しいようでした。しかしエルナネスが入ることで、闘争心、前線が少し変わり、好転するかもしれません。

試合では33分に左の長友からいいクロスが入ったのですがパラシオが触れず。38分にはユベのミスからユーベ2vs3インテルになったのですが、パラシオがふかしてしまって決定機を逃しました。パラシオはいい動きをしていた割に、要所でのミスが目立ちました。

後半に入ってすぐにクリアを奪ってからのパスをキエッリーニが蹴り込んで追加点、さらにピルロからのロングパスをポグバが粘ってジョレンテとのコンビネーションからシュート、こぼれたところをビダルが蹴りこんで30でユーベがリードしました。

リヒトシュタイナーにいい評価点がついたようですが、試合のリズムを作るのに、アサモアもいい動きしていました。ピルロが左右に自在にパスを散らしてゲームを創っていたのも大きかったのだと思います。左へのサイドチェンジ、かなり効いていました

インテルミリートが入り、20番がピルロを抑え始めてからやや盛り返し、CKからのこぼれ球を壁の前から蹴りこんで1点返しましたがそこまで。ユーベの選手の良さが前面に出た試合でした。

インテルオフサイドトラップや、シュートのこぼれ球を誰がブロックするか、かき出すかなど戦術が浸透すれば強くなるかも。エルナネスの活躍にも注目でしょう。パラシオ、ミリートはいい選手だと思います。

ユーベはブチニッチなどの移籍が取りざたされましたが、選手たちはまとまっているように見えました。ELとスクデットの2冠、注目したいです。オズバルドも入りましたしね。また楽しみに見させていただきます。

(敬称略)

押していただくと励みになります→