新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

ユーベよ、顔をあげよう!君の前には、未来が広がっている

ユベントスが負けましたね。雪の中の一戦となり、ボールのコントロールが難しかったみたいで、悔しい試合になりました。

前日に試合を録画したのですが雪のせいで延長が決まり、次の日にもう一度ビデオをセットして結果を待ったのですが、01ガラタサライという結果を見た時点で悔しかったです。ビデオは見ませんでした。しかし、トルコのレベルも上がっているし、簡単な試合ではなかったんだなぁ、と思います。ドログバがいるし、スナイデルもいますしね。監督はマンチーニだったのかな?手強い相手でした。

もう一度言いますが、余りにも悔しすぎて、試合は見てません。だから講評も控えめにしておきます。本当のファンなら、負けた試合でも、どこが悪かったのだろう、どこがよかったのだろう、ああ、悔しい、と試合を再分析するのかもしれないのですが。僕の場合(京都もそうですが)、負け試合は、わかった時点であまり見ないことにしています。イライラするし、悔しいから。だから、ライトサポなんですけどね。

イタリア勢でCLで勝ち上がったのはセリエAで不振のミランのみ(皮肉なものです)、ナポリは勝ち点12で並んだのに、どんなレギュレーションか、成績か知りませんが、勝ちぬけに失敗してELに回ることになりました。イタリア人の気持ちは複雑だと思うし、ここではこれ以上述べません。

代わりに、いいことさがしをすることにしました。

ユーベは、これでスクデット争いに注力することができます。スクデットをとることは至上命令になったのではないでしょうか。CLでは、ユーベはどちらかというと近年振るわなかった印象がありますが、スクデット争いにおいては2連覇。ピルロがいないのは気になりますが、コンテならやってくれるでしょう。

CLからELに回ることになりますが、W杯前のシーズンに、スクデットと、CLの両方での激しい争いを避け、控えのメンバーにもある程度の経験を積ませたり、ローテーションする場を与えることができる。収益面では当然CLとELでは大分差があるわけですが、ユーベはミランと違い、自前のスタジアムをもっているので、緊迫感のある試合をこなすことで、観客を動員することができ、クラブを熟成することもできると思います。

イタリア杯もまだ残っているんですよね?また、色々な選手を使いながら、美しいサッカーを繰り広げてほしいと願っています。

きっと、ユーベの未来は明るいはずです。

(敬称略)

押していただくと励みになります→