新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

長崎—徳島戦(TV観戦記)・J2最終節が終わって

徳島の小林監督の采配がズバリ当たりましたね。

試合はロングボールの地味な蹴りあいから始まって、長崎がハイプレスでまずしかけました。徳島は、柴崎、濱田の二人のボランチや、アレックス、橋内、千代反田(あと藤原?)などがそれを捌く状態。徳島は前線へボールを運べませんでしたが、後方では何とか紙一重でプレスをしのいでいる感じでした。

長崎はプレスの出足が速かったし、よく組織されていたように思います。しかし前線3人と中盤が走り回っていて、どこかでペースダウンするんじゃないかと思ってみていました。長崎は技術力ではやはり少し落ちるので、敵にプレスをかけられたら自分たちはポゼッションできないので、相手に持たせて、プレスで奪ってからマシーンナリーなショートカウンター、パターンプレーを徹底している感じでした。

自分たちが持って回すのが苦手なので、ポストの佐藤に当てて、技術力のある奥埜、幸野に入れてドリブルさせたり、古部が持ち上がったりして攻撃していました。前半は右サイドからの攻めが中心で、後半は左をよく使ってたかな。

前半は長崎が押しっぱなしで、ドゥグラス、津田の二人の徳島FWを封じ込めて、シュートの本数は相当数に上ったと思います。

しかし長崎は前半に決められなかった。全力で走って逃げ切りを図ったのに、逃げ切れなかった感じでした。あのプレスは、どこで出すのか、監督が考えているのでしょうね。今回は、高木監督も素晴らしかったけど、その上を、小林監督が行った感じでした。

「後半、セカンドボールを回収するようにする」と、ハーフタイムのインタビューで小林監督は話されてましたが、後半初めあたりだったかな、津田に代え、斎藤を徳島は投入、フォーメーションを変えます。セカンドボールを拾うためです。長崎はフォーメーションチェンジに弱い印象でした、初めに決められた決まり事を途中で変えるのが少し苦手なのかもしれない。

解説の小島信幸氏が「徳島の柴崎が上がったのに、長崎は誰を付けるのでしょうね」と話されていた直後に、交代で入った斎藤のサイドへの展開からアレックスがクロス、ポスト(おそらく柴崎?)が背後に入れたボールに徳島の宮崎が詰めたところ、長崎のDFとGKのほうが詰め切れず、クリアに失敗、DFの懸命のクリア(カバー)も届かないでゴールの中にボールは転がり入りました。

あとは、徳島の横綱相撲でした。

長崎は水永、金久保を投入、両サイドの崩しからポストに当てることを狙い、こぼれ球を周りが決めに行きます。しかし徳島は引いて守り、得点を許さない。ちょこちょこスペースはできたのですが、どれも徳島DF(橋内、千代反田)のカバーがよかったです。GKの松井もいいプレーをしていました。

そしてカウンターからドゥグラスが抜けだしてフリーになりかけたところをひっかけた長崎DFが退場(POは出れるのでしょうか?)、10人になった長崎を徳島が時間を稼ぎつつ、寄り切りました。

試合の途中に、千葉が2点差で負けている、というテロップが出たので、まさか、と思いましたが、やはり千葉は千葉でした(引き分けに持ち込む)。結果、POは京都、徳島、千葉、長崎になりました。7位の松本山雅は悔しかったでしょうね、G大阪戦での潔さが仇になったか。しかし地力はついているように思います。8位の札幌はよく戦った、ユース中心であそこまでやれたのは、今シーズンの驚きだったと思います。

3位の京都について。全力でここからは戦ってほしいと思いますが、チャンスだということ、努力の報酬だからさらに努力を続けること。あと京都新聞の特集(PO限定の密着取材)は今年はほどほどにしてもらった方がいいのでは。敵に内情が筒抜けだから。

ま、簡単な試合の印象でした。読んでくださり、ありがとうございました。

(敬称略)

押していただくと励みになります→