新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

京都もJリーグも、尊敬を受け進化する

Jリーグの2ステージ制についての議論が盛んですが、ここでは深くそれに触れません。概念論だけ少し。また京都の課題や問題の解決・突破・進化を通じて、Jリーグに貢献する、それが僕のやり方のつもりです。

現在、問題が指摘されています。スポンサーに費用に見合った効果が還元されているのか?新規のファンは増えているのか?観客動員数の減少にどう歯止めをかけるか?

J3という新しいリーグの開幕を控え、新しい顧客の開発は喫近の課題であるはずです。一定のパイを奪い合うのではなく、新しい顧客を開発する機会にしなければならない。そのための仕掛けが、ここに出てきたように思います。もう一度、Jリーグの語っていることに、静かに耳を澄ませてみてはどうでしょうか?彼らはポジティブだし、新しいアイディアで、リーグをよくしようとしている。方法は疑問視されるかもしれませんが、熱い想いは伝わってくる。

批判をするのなら、1ステージのままJリーグの提示した問題を解決するという対案を用意する必要があるかもしれません。少なくとも、今現在で、Jリーグが崩壊することはない、むしろJリーグは、もちろん京都も、闘っている、前向きに進化しているように感じます。今回の問題提起で、大きく現状をアピールすることにJリーグは成功したし、もし対案が出てきたならば、それはそれで、Jリーグ発展の礎となるでしょう。Jリーグは壁を乗り越えようとしている。いや、既に2ステージ制を現実にしたということで、壁を突破してしまったのかもしれません。

ポジティブに考えるということは難しいです。書いている人間の心理状態が、問題の解釈に反映されてしまう。Jリーグほど安定して、健全に経営をしようと努めている組織は少ないです。僕は、常に未来は明るい、京都は尊敬を受け、進化する、そう思うし、京都の所属するJリーグも同じく尊敬を受け、進化すると信じます。

なぜなら、人は信じられるから。素晴らしい人材が、素晴らしいファンたちが、過去にも問題を乗り越えてきたのだから。きっと今回も問題を乗り越えるでしょう。未来は明るい。未来は希望に満ちている。これは、現実だと思います。

つたない文章です。しかし僕は信じます。うまくまとめ切れてません、しかし読んでいただいて、ありがとうございました。

(敬称略)

押していただくと励みになります→