新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

J2 上位戦線レポート(岐阜神戸の簡単な雑感)

ぼそぼそと岐阜—神戸戦の前半を見て雑感

神戸

DF陣は高いが足もとが弱そう、速さにも難がある。両サイドからのクロス、ポストプレーが主武器、ロングボール多し。プレスはそれほどない。

初盤、ポポが左に流れる(ポイントになる)のが多い。右サイドもできるんだけど。右足でミドル狙いやすいからか?クロスか正面からのミドルを狙っている。外国人がゲームメーカーなのかな、両ボランチは守備に重点を置いたタイプ?しかし頭の上をボールがよく飛び越えていく。神戸は両ボランチのボジションが悪く、岐阜の攻めるバイタルは意外に隙がある。岐阜、攻め、パスをつないでなかなかいい。守備のコンセプト、監督の考えが聞きたい、どういう守備パターンなのかな?右の奥井はパス・攻撃はいいのかもしれないが、守備がルーズだ。今のところ、中央でのヘッド、外国人のミドルシュートが主武器にみえる。

中盤、両SBが守備が弱く見えるというか、岐阜が狙いをもって押し込んでいる。神戸はひたすらロングボール蹴ってくる。中盤に戻された時、右はプレスがわりときいてる。マジーニョは左利き、ポポは右利きだけど頻繁にポジションを入れ替えて攻撃している。さすがだな。ただ、妙に神戸の中盤が間延びするときがある。なぜだろう?狙っているのかも。攻撃を組み立てにくそう。岐阜の中盤とプレスが利いている。リスクはあるだろうに・・・。

神戸はセットプレーのリバウンドを奪われている。リバウンドに気を取られると、神戸セットプレー守備の中が空く、という寸法。神戸CBは高さがあるが速さ、反応が今一つの気がする。

終盤、ビッグプレー。ワンプレーで誰か裏へ抜けたが、岐阜GKファインセーブ、これ狙ってるんだろうな。後ろで回してる。食いついたらロングボール。神戸自陣右サイドを岐阜に押し込まれている。岐阜側左にスペースがあるのは、反対サイドに密集があるからか?美尾かな?神戸の右のSBの守備に難があるか?

得点された。ロングボールの蹴りあいになってる、これは、苦しい。ポポの右は封じられている。マジーニョより怖いから。神戸のボランチがこぼれを拾えてない。SBも持ち上がれない。SBは使われるタイプ?

岐阜

初盤、岐阜の右、神戸左を押し込んでいたか?両チーム 浮き球多い。

中盤、岐阜はバランスよく陣形を敷いたうえで、カウンターを仕掛けている。神戸の田代をよく抑えている。神戸の中盤・ボランチ周辺でチャンスを作っているみたいだ。

岐阜押し込んでる。中盤でボール奪える。岐阜のミドルのコースが空いている。

終盤、左から攻めているのは、美尾がボール持って組み立ててるからか?中盤利いてる、守備がいい。

珍しく神戸左(岐阜右)を攻めたがコーナーになった。岐阜ゴール!セットプレーからCBの上を越してファー、ニアも空いてたっぽい。神戸はミドルシフト気味に守ってたかな?セットプレーは穴があるかも?神戸のセットプレーは高い2人(3人?)がいない場所はチャンスなのかなぁ。それにしても岐阜、よくあそこへいいクロスあげたなぁ、いいシュートだった。

岐阜、カウンターに徹しだした。

前半終了 今日はここまでレポート。ど素人のたわごとなり。

(敬称略)

押していただくと励みになります→