新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡

移行しました。単なる素人です。がんばります。 

大木監督を更迭すべきか?(京都サンガ・ど素人のラグビー雑文)

京都サンガ、早くも正念場か?そんな言葉が踊ってますね。僕も今のままだと、6位以内を目指すのが現実的な選択肢になってきそうな気がします。そしてあわよくばJ1という感じです。

大木監督、更迭すべきか、続投か、それはわかりません。一つぼくが願うのは、GMは頻繁に変えないでほしい。大木監督と祖母井GMをセットで交代することは避けてほしいということです。ま、方向性としては、長期にわたって指導部が変わらないのが望ましいのですが、師弟対決で後れをとったり、ここ4戦で1勝3敗という数え方をすれば、分岐点に来ているのは確かだと思います。

最悪監督が更迭されるにしても、チームの方向性を指さすGMが長期の視野に立ち腰を据えて監督を判断する、という形にしてほしいと思います。

さてクローズです。直近の横浜FC戦はまだ見たばかりで何とも言えないのですが、ここ数試合の調子の悪さは、昨シーズンから引きずっている悪癖、こちらが数的優位を創ったのに対し、相手も数的に同数にして来れば袋小路に迷い込んでしまう、という点にあると思います。

G大阪、神戸のように、全フィールドで均質な陣形を作ってくれれば、こちらが偏った場合数的優位を創れますが、味方がクローズしても、相手が守備でクローズしたら、ごちゃごちゃした密集でパスを交換しているだけになってしまいます。しかも味方がサイドチェンジをしないのに対し、相手は空いている逆サイドにサイドチェンジを振ってくる分優位に立たれてしまう。当然京都は劣勢になりますね。

解決策を言います。ま、一言でいえばサイドチェンジしなさい、ということです。戦術的な硬直性を克服しない限り、同じことの繰り返しだと思います。更迭も当然でしょう。以上、終わり。

さて、以下は雑文です。特にラグビーのフォーメーションを引くのでわかりにくいと思った人は読まないでください。

さて相手がバランスのとれた広がった陣形をとって正面から真っ向勝負してくれればこちらは数的優位を創れる分、いい試合ができます。一方で片方のサイドで密集を創ってしまえば、密集対密集の戦いになります。この形、何かに似てるなぁ、と思っていたら、ラグビーの試合に似ているんですね。

ラグビーでは、スクラム、モールで集まって選手(FW)が押し合いをし、そこから出てきたボールを余った選手(ハーフ、バックス)が展開して勝負をします。京都の試合の仕方は、密集がスクラムやモール、オープンスペースにいる選手が余っている選手に酷似している。しかも京都はボールに行く守備ということで、マンツーに近い守り方をしていますが、これも対面を縛ったり、横に広がって先頭からタックルしていくラグビーの守備に似ている。

この考え方をする場合、京都のクローズ(密集)をスクラム、モールととらえると、自チームのスクラム・モールが相手を人数や体重で上回って押し込める場合(数的優位をつくる、パスを回せる場合)、局地戦で優位に立てますが、相手のスクラム・モールを人数や体重で下回って押し込まれた場合(数的不利な場合、パスが回らない場合)、密集して局地の戦闘では不利は免れないことになります。

日本人は体重が軽く、国際試合でスクラム、モールでは負けることが多かった。早稲田の軽量FWは明治の重量FWに押し込まれることが多かった。そこで生み出されたのが有名な大西鐡之祐の「接近・連続・展開」です。これは密集戦を避けて、モビリティ(運動量)を生かした面白い理論なのですが、前にも書きましたし、今回のメインテーマではないのでまた今度、いつか書くことにします。

今回言いたいのは、FWの勝負(密集)で勝負できないのなら、ハーフ団を使え、バックスへ展開しろ、ということです。わかりやすく言えばゲームメーカー(SH(スクラムハーフ)、SO(スタンドオフ))にキックや早い球出しで試合を創らせろ、バックスやNo.8に展開して縦をつけ、ということです。さてどんどん話がずれてきますね、ついてこれない人には申し訳ない。

サッカーに置き換えていうと、鳥籠型のはたくパス、狭いエリアで回す無難でリスクを避けたパスよりも、失敗する率は高くても一発で相手の息の根を止める、意図ある長いパスを増やすこと。(試合を創ること、ゲームを創るロングパス・キックがいる)また密集からボールを脱出させてやって広いエリアへ抜けださせてやるということが必要だと思います。

また密集を効果的に使って、縦突破を図ることも有効だと思います。No.8やフランカーなどのスクラム(密集)近くの縦への突破、集めておいてオープンスペースをバックス陣の華麗なステップ・・・。何が言いたいかと言うと、パスをつながなければいけない、という考えに陥ってしまって、ドリブルを軽視するようになっていないかということです。

密集をドリブルで貫いて突破し、縦へ抜けてしまう、ドリブルの連続で相手を引っ掻き回す。パスしないでドリブルからシュートまでいってしまう。天皇杯準優勝の頃は見てないので何とも言えないのですが、ドゥトラという選手がいたそうですし、昨シーズン終盤は中村充孝がいました。縦へ抜けるドリブルを得意とする選手を組み合わせることも必要なのではないのでしょうか。

2点、ラグビーからでしたが、ゲームを創る選手、選手を使う選手を生かすこと。ドリブラーを生かすこと。それで生き生きと試合が動き出すといいなあ、と思います。

なお、守備についてはFB(フルバック)のような第1線の守備を壊されても、それをカバーする選手(ボランチ、スウィーパー)の活躍が必要かと思います。3バックのサイドは狙ってきているので(横浜FCはそこを衝いてましたし)、注意が必要でしょう。

以上、後半はど素人の酔ったような文です。長文失礼。

(敬称略)

押していただくと励みになります→